prism, triangle

作品が完成。
実物の質感を伝える写真ではないですがご紹介。

a0103666_22381014.jpg


今回は、幅と厚みを各1,7㎜、一辺の長さを12㎝にしています。
標準サイズは幅と厚み各2㎜、一辺15㎝です。
大した違いがないようですが、実際に作品を比べると雰囲気がかなり違います。

例えば、三角形の内面積を比べると
1辺10㎝=約40㎠
1辺12㎝=約60㎠
1辺15㎝=約100㎠
1辺20㎝=約170㎠

一辺の長さが少し違うと、三角形の大きさがずいぶん違うことがわかります。
あまり小さいと、籐かがりをするための手が入らないですし、ごちゃごちゃしてしまうので、そこらあたりのさじ加減が難しいです。

とくに丸ひごを作る場合も、少しの幅と厚みで随分印象が変わってくるので、注意する必要があります。
「しずく」や「芯巻き」を作る場合も、気をつけなければいけません。
その籠を、繊細に見せたいのか、大胆な籠にしたいのか、全体のコンセプトとバランスから判断してゆきます。
by first-nakatomi | 2010-03-27 23:18 | open process
<< 修了作品展レポート Prism, ellipse >>