染色そして完成

a0103666_2315548.jpg

染色する前の段階。
手の部分は、染色するときに曲がりが緩まないように、針金で固定しておきます。
曲がりのある籠を染色するときには必須工程。

手のある花籠は、ガラスや陶磁器にはあまりない、竹工芸の特色です。

漆を塗って完成。
a0103666_23154067.jpg

同じものを、何個も揃えるというのは、難しいですね。
微妙に違ってしまいました。

本日無事、問屋さんに納品。
こうした花籠は、バブル時が全盛期で10年前までは売れていました。
今はほとんど売れないのですが、現在第一線で活躍されている50歳以上の竹工芸家は、こうした仕事で腕を上げてきました。

とても勉強になりますよ。
by first-nakatomi | 2010-05-19 23:33 | open process
<< COLLECT 庭の木 >>