竹の磨き

竹を染色する場合や、漆を塗る場合、竹の表皮を磨きます。
表皮を少しカンナで削ることを、「磨く」といいます。
硬いエナメル質でできた表皮があると、うまく色や漆がのらないからです。

左が磨いたあと、右が磨く前の竹。
磨いた表皮は雅な雰囲気なので、染色しないでこのまま使う場合もあります。
道具は曲線のついた包丁。
a0103666_23505324.jpg

壁に立てかけて磨きます。
a0103666_23512855.jpg

この作業は汗だくになるので、これからの時期は辛いです。
なるべく早朝か、夕方にするように段取りをします。
by first-nakatomi | 2010-07-11 23:49 | open process
<< 携帯電話 日展 >>