竹業界向けセミナー

県主催のセミナーのお知らせ。
おもしろそうなので、参加をお勧めします。

「大分(の竹工芸)にしかできないことって何だろう?」
すでに国内では「モノ」だけで売れるのではなく、周辺の背景やストーリーといった「コト」が重視される時代に入っている。大分の工芸はAWAYに売り込み苦戦していますが、京都の人達はHOMEにおびき寄せて有利な商売をしています。
「モノ」に囚われて自分たちが「モノを売り」 に出ていくのではなく、相手がかってに「大分に来たくなるようなコト」「自分たちでやってみたいコト」(コトづくり)をみんなで考える。講演というより勉強会。


日時 10月14(木) 13:00~16:00
会場 別府市竹細工伝統産業会館
講師 立川裕大 氏
募集人数 40名
参加費 無料
申込先 大分県産業科学技術センター 担当坂本まで
☎ 097-596-7100 / メール sakamoto@oita-ri.go.jp

●具体的内容:
1. 講師の自己紹介:15分
2. 講師による講義:60分
・ 休憩:5分
3. 参加者3人1組のグループ実習:60分 (15分×4ラウンド)
4. 取りまとめと質疑応答:40分


■講師:立川裕大(たちかわゆうだい) 氏  
http://ubushina.com/
1965年、長崎県生まれ。株式会社t.c.k.w 代表。
デザインディレクター。
企業の外部ブレーンとしてデザイン戦略を全般的にサポートする。家具、照明、家電などのインテリア関連プロダクトの企画・商品開発ディレクションを軸に、デザイナー選定、販路開拓、販売促進、アタッシュドプレスまで、デザインが世の中に入って行くまでに必要な環境整備を全プロセスにわたり手掛けている。
漆や竹細工など、日本の伝統的手仕事と現代のデザインを結びつけながら、新たなプロダクトを生み出すプロジェクト「ubushina」と、デザイナーのセルフプロダクトなどを中心に扱うバイヤー向け会員制見本市サイト「MD salon」を自社でプロデュースしている。
by first-nakatomi | 2010-09-22 22:47 | information
<< オクラ 茶杓削り in 大洲 >>