苛性ソーダ

専門的な話。

竹の油抜きにつかう苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)について。
製竹業界では、竹の油分を取り除くために苛性ソーダを使います。

環境に悪いという人もいるので、大分県産業科学技術センターに問い合せてみました。


@結論
強アルカリ性の劇物なので,取り扱いには注意が必要だけど,中性にすれば排水しても構わない。
生物は弱酸性なので、竹を煮れば中和されて、自然に中性になる。

熱湯に手を入れれば火傷をするのと同じで,強アルカリの苛性ソーダを素手では扱わない。
重曹は弱アルカリで取り扱いは優しいが、効果は薄い。

きちんと中和しないで廃棄処分する業者がいるので,環境に悪いイメージが定着してしまいました。
米の研ぎ汁が環境に悪いのと同じ。



まあ、アルカリ性のまま廃棄しなければ問題はないようです。

苛性ソーダを使うのは、石けんに使われていることからも分かりますが,油分を強力に取り除く性質があります。
青竹を天日に干しても白竹(晒竹)にならずに腐るのは、表面の油分が強力で、内部の水分が閉じ込められて腐るから。

また、油抜きで竹の養分が取り除かれるわけではないので、防虫効果はありません。
伐採時期に気をつけましょう。

10年以上竹業界にいるけど、目から鱗のお話でした。
by first-nakatomi | 2012-01-10 21:54 | thinking
<< 竹の乾燥 竹の伐採 >>