コテ

竹籠作りの難しい所は「立ち上げ」(「起こし」)。
そこで、便利な道具は電気ゴテ。
a0103666_20101116.jpg

底編みを終えたら、電気ゴテで強制的に縦骨を立ち上げます。
そうすると、後はすいすいと編めます。
コテ先に金属の型(非売品)を取り付けると、いろいろな角度で曲げられます。
a0103666_20112956.jpg

業務用のドライヤーを使えば、さらにゆったりとした曲がりに。
a0103666_20143315.jpg

四つ目底にコテ曲げをした籠。
a0103666_8413344.jpg

胴編みを2本縄目で、こうなります。
縁は未完成。
a0103666_2016944.jpg

a0103666_20165212.jpg

いろいろな道具を使えば、さらにかたちの可能性が広がりますよ。
by first-nakatomi | 2012-01-31 08:40 | open process
<< 全自動耕耘機 黒板 >>