ギャラリー日日

打ち合せの合間に、展示会をのぞきに行く。

「打つと曲げる 関島寿子とオット・バイヤーの仕事」
ギャラリー日日
http://www.nichinichi.com/ja/index.htm
a0103666_22151178.jpg

a0103666_2216121.jpg

黒竹の作品もありました。
巾を揃えたり、面を取ったり、厚みを揃えたり。
専門的な工程を経ない材料としての竹は、どうしても美しく見えなかったです。
木の皮や葛の作品は抵抗なく観られるのに、竹になるととたんに抵抗を覚えました。
竹の専門家だから、細部に眼が行き過ぎるのかもしれないですね。

逆に関島さんの造形は、竹工芸家には真似が出来ないです。
造形思考が、まったく異なります。
専門技術に捕われることのつまらなさを、照射されたような作品を見ると、
なんとも考えさせられる展示会でした。
by first-nakatomi | 2012-05-07 22:48 | thinking
<< 改装前 上京 >>