染色

染色用の鍋。
中身の染料は継ぎ足ししながらずっと使います。
ラーメン屋の秘伝のタレのようなものです。
色に味わいが出てきます。

左から、黒色、赤色、青色、紫色、茶色の染料。
すべて一色の染料で、混ぜてつかいません。
作品の方を、いろいろな色に浸して色を探ります。
これだけあれば、おおよその色は出すことができますよ。
a0103666_2243551.jpg

この野田琺瑯の寸胴鍋が一番安くて、使いやすいです。

ちなみに染料は、鹿児島の三木染料店の塩基性染料を使用しています。
対応がすごく丁寧で、価格も良心的。
by first-nakatomi | 2012-11-30 21:43 | open process
<< 温泉life 地獄蒸し >>