個展作品2

「Pretzell²」
お菓子のプレッツェルのような作品。
最後に研ぎ出しをすることで、スピード感を持たせました。
a0103666_1804555.jpg

「うねる」
2年前の高松ので個展にも出品したシリーズの発展形。
より重厚感と、スピード感を持たせています。
a0103666_1805618.jpg

毎月一回、古美術研究会に参加しているせいか、きれいにきちんと作られたものだけが美しい物ではないと、考えが変わってきました。
以前は、もっと技巧的できちんと作っていましたが、それだけが竹の特性を生かすことではないと思います。
逆に、竹の良さを殺していることもありました。
李朝に代表されるように、やわらいだ味わいの中に、気品を出すことができれば、というのが今のテーマです。
by first-nakatomi | 2013-04-18 17:59 | works
<< 個展スタート 個展出品作1 >>