「削り」と「編み」

ものの作り方には、2通りの方法があると思います。

素材の固まりを削り出しながら、形を取り出す方法と、
部材を組み立て(編み)ながら、形を作り上げていく方法。

竹もどちらかの方法で作ります。

今作っている竹のボタンは、形を削り出しながら作っています。
気分は円空ですね。
a0103666_2314381.jpg

でも、ろくろ引きの陶磁器は、どちらにも当てはまらないなあ。
by first-nakatomi | 2013-07-02 22:13 | open process
<< 竹芸家・杉浦功悦の銀座個展 紺屋「そめかひ」お披露目式 >>