旧工房

旧工房は、人気がなくてガランとしていまいました。
ものがない部屋というのは、広々として気持ちがいいものです。
a0103666_22515950.jpg

いまは作品管理と、お客さんの応接室として使用しています。
by first-nakatomi | 2013-11-08 21:51 | daily life
<< 茶道具の修理 秋 >>