台湾と韓国

國立台灣工藝研究発展中心(中心=center)の友人からのお知らせ。
台湾と韓国には、竹文化の交流があるんですね。
日本も加わりたいところです。
a0103666_21325615.jpg

2015年にも韓国で「世界竹博覧会」がある由。
台湾と韓国は、国家レベルで工芸振興を図っているのが、強みです。
日本は県単位ですからね。
工芸の産地が多すぎて、国ではまとめきれないということでもあるんですが。
by first-nakatomi | 2013-11-10 21:35 | information
<< 第13回 竹楽 茶道具の修理 >>