早野久雄先生の展示会小冊子

早野先生の追悼展の冊子を、弟子の大橋さんを中心に作っています。
少部数の発行ですが、関係各所に配布する予定。
機会がありましたらご覧下さい。

「 はじめに

早野久雄先生は、つねに時代の先を見据えて活動された、スケールの大きな竹芸家でした。
先生の仕事は、地元の漁師籠を作ることから始まり、ブルーノ・タウトの流れを汲むクラフト哲学を別府の竹業界に伝え、別府産業工芸試験所所長として竹業界を先導されました。
また、海外にも頻繁に赴き、ビルマでの技術指導や、欧米での竹文化普及活動、文化人類学的な東南アジアでのフィールドワークなど、たった一人の人生とは思えない多彩な活動をされています。

今回の回顧展では、先生の多岐にわたる活動のうち、クラフトデザインという視点で先生の仕事を振り返りました。
確かな技術と、古びることのない美意識に裏打ちされた、「竹のクラフトデザイナー 早野久雄」の世界に足を踏み入れてください。
そこには、次世代の竹職人にとって、学ぶべき多くの遺産が隠されています。

2014年5月 BAICA 中臣一 」
by first-nakatomi | 2014-05-21 21:13 | thinking
<< 芍薬 ナプキンリング for DIN... >>