落款

10年来の友人、沈露露さんに落款を制作してもらいました。
中国で5歳から篆刻をされており、立命館アジア太平洋大学の孔子学院の
篆刻講師です。
でも本業は、ろうけつ染作家。
現在は大分武漢友好協会の会長で、博学な文人ですが、同い年です。

浙江省の青田石。
a0103666_01599.jpg

左脇に「露」のサインが彫られています。
a0103666_013070.jpg

中国古代銘文の字。
左の隙間から気がたくさん入り充満し、右に少しずつ抜けてゆくような彫り。
重心が下に来るように、枠の太さにも配慮されています。
a0103666_014980.jpg

朱白印。
十字架のように、字が構成されています。
a0103666_02559.jpg

自分のきちんとした落款が欲しいという、長年の夢が叶いました。
うれしくて、いろいろなところに押しています。
by first-nakatomi | 2014-12-30 21:00 | open process
<< 新年の挨拶 色 >>