つれづれなるままに如月

竹を始めて15年。
十年一昔といいますが、竹業界をめぐる環境も随分変化してきました。
昔ながらの職人さんはほとんどいなくなり、それまでなら関わることのなかった新しい人たちが竹の世界に飛び込んできています。
腕はまだまだですが、おかげで少しずつ風通しもすーすー。

竹細工の産地別府に、待望の竹専門店bamboo bambooもできました。
ようやく竹と今がつながり、追い風がぴゅーぴゅー。

私の制作スタイルも、この2・3年で大きく変化しています。
アシスタントに仕事を手伝ってもらうようになり、一人でコツコツ作品を制作をしていた時からは考えられないくらい、仕事の幅が広がりました。
アフリカのことわざで、「早く行きたければ1人でゆきなさい。遠くに行きたければみんなでゆきなさい。」、というのがありますが、とても納得できます。
30代までと、40代からの過ごし方は変わるのでしょうね。

層の薄さが竹業界の弱点でしたが、若手がどんどん出てきて、5年後の業界がどうなっているのか楽しみです。
by first-nakatomi | 2015-02-10 21:48 | thinking
<< 染料と顔料 竹と油絵の具 (その2) >>