染料と顔料

箕輪漆工さんに問い合せをして気づいたこと。

「染料」と「顔料」の違い。

「染料」
1、天然染料も合成染料も退色する。
2、編み目の隅々まで色が染まる。
3、透けるので、竹の素材感が生かされる。
ex.透き色漆、天然染料、塩基性染料

「顔料」
1、ほとんど退色しない。半永久。
2、編み目の奥までは塗りにくい。
3、厚く塗るとペンキのようになり、竹の素材感が失われる。
ex.色漆、カシュー塗料、アクリル絵の具、油絵の具

それぞれ特性があるので、使い分ける必要がありそうです。
by first-nakatomi | 2015-02-15 21:43 | open process
<< 有機的な縁作り つれづれなるままに如月 >>