有機的な縁作り

竹工芸において、縁作りは最も難しい工程です。
ここが甘いとすべてが台無し。
とくに有機的な曲線の縁を作ることは、ひと工夫が必要です。

私のやり方は(師匠に教わった方法ですが)
1、丸籐の表皮を磨き包丁で磨く
籐の表皮は2層になっていて、どこまで磨くかは好みです。
2、紙ヤスリ(#400)でさらに綺麗にする
3、針金を巻く
a0103666_23345729.jpg

4、水に付ける(2〜3時間)
5、作りたい曲線に手で曲げる
針金を巻き付けているので自由自在
6、熱を加える
7、冷ます
8、針金を外す
9、表皮をもう一度紙ヤスリで綺麗にする
水や熱で表面が荒れるから
10、内縁と外縁に竹割包丁で2分割
ここが一番の難所!!
11、裏を切り出しナイフで綺麗に整える
12、籠に取付ける
a0103666_23351590.jpg

13、縁を巻く

こうして見ると、とっても面倒ですが、手間をかけた分だけ良い籠ができます。
経験有るのみ。
by first-nakatomi | 2015-02-18 21:33 | open process
<< 竹ボタン塗装 染料と顔料 >>