ブラタモリと竹籠

ブラタモリを観ていて、竹籠と共通する見方に気づきました。

「縁」(ヘリ/フチ)、「際」(キワ)

タモリさんが地形を見る時に、「坂」とともによく出てくるポイントです。
竹籠を見るときに、通はどこを見るかというと、「縁」と「際」です。
作るのが一番難しいところだから。

籠全体における縁のバランス、際の処理の仕方は
制作者の実力が、一番出る所でもあります。
by first-nakatomi | 2016-05-07 22:06 | thinking
<< 自分を超えたところに自分が出る... 結び >>