数年前から共縁(編みひごをそのまま縁にする技法)をいろいろ試しています。

普通に縁をつけて籐かがりをすると、編みの流れが途切れて味気ない籠になりがちなので、編みの魅力を素直に伝えるには共縁という技法が最適だと思います。

今回は帯状の編みの縁を、共縁にして作品にしてみました。(制作中)
a0103666_23351665.jpg

a0103666_23364629.jpg

by first-nakatomi | 2016-09-30 11:23 | open process
<< 塗り分け 台湾訪問記 其の三 >>