竹林整備と伐採

昨年から大分県竹田市にある岡城の竹林に入っています。
それまで伐採していた竹林は、猪の被害もあり、新しい竹が生えていなかったので、しばらく寝かしておくことにしました。
いくつか竹林を持ち、3年おきぐらいで伐採してゆくのがベストです。

岡城址竹林の整備前。先が見えません。
a0103666_22372808.jpg

















整備後。
竹仲間6人で数日掛けただけですが、見違えるようにきれいになりました。
でもかなり大変。
a0103666_22423790.jpg

















今年使う分の50本を伐採し、葉をつけたまま1ヶ月山に放置し水分を抜き、油抜き釜(長さ2M)に入る長さで切りそろえて、荒縄で傷がつかないように結んで山から下ろしました。
美しい竹が出来上がるなら、手間は惜しみません。
a0103666_22473141.jpg

















今年から油抜きも自分たちですることにしました。
山で切ったままの青竹は長期保存ができません。
竹の油を抜いて天日で干すと長期保存ができます。
切り子さんも製竹業者さんも高齢化しているので、いずれ自分で竹も生産しなければならない時代が来るでしょうね。

by first-nakatomi | 2017-01-21 20:36 | open process
<< 第53回くらしの中の竹工芸展 2017年 >>