共縁の可能性

国立台湾工藝研究発展センターでの、竹の講義も最後になりました。
アートを意識した造形演習の授業なのですが、講義の目的は「シンプルな技法で作品を制作する」ということ。
難しい技法を使うことを否定はしませんが、もっとシンプルでもいい作品は作られるということを伝えたかったのです。

最後は共縁技法(編みひごをそのまま縁にする技法)の演習。
筒に竹ひごを並べて、共縁を作ります。
a0103666_16312770.jpg


























共縁技法の良い所は、自由度が高く、独創性を発揮しやすいこと。
逆に悪い点は、再現性が難しく、折れると厄介なこと。

生徒の共縁。
誰も真似できなさそうです。
a0103666_16314722.jpg


























六つ目編み、櫛目編み、輪弧編み、どんな編みからでも縁が作られるのがいいですね。
もちろん竹ひごを、どんどん追加することも可能です。
a0103666_16321185.jpg


by first-nakatomi | 2017-06-06 16:30 | open process
<< 故宮博物院 台湾の町並み >>