修行論

題名に惹かれて内田樹 著「修行論」を読んでいますが、以下のような文に出会いうなずく。

理屈は簡単であるが、「ものを創る」のはむずかしいし、手間暇がかかる。
「ものを壊す」のは容易であり、かつ一瞬の仕事である。

言うは易し、行うは難し。
批評するには簡単だけど、形にするにはなかなか苦労します。
また、完成したものを真似するのも簡単ですが、新しいものをつくるのは勇気が入ります。

伝統技術も一度失われると、もとに戻すことは困難ですね。
技術水準を維持しながら、新しい要素を積み上げてゆきたいものです。

by first-nakatomi | 2017-08-15 20:43 | thinking
<< Prism Ellipse, ... Metropolitan Mu... >>