台湾訪問記 その2(『Love Bamboo, Love Earth』展)

前回に引き続き台湾訪問の報告です。
もうずいぶん前のことのような気がしてきましたが頭を振り絞って,今回は国立台湾工芸研究所で開かれた『Love Bamboo, Love Earth』展について。

この展覧会は国立台湾工芸研究所主催ですが、実際の内容は台湾徳来設計事務所の代表である張さんが主導して取りまとめています。
過去と現代、日本と台湾の竹製品の展示を中心にしながら、環境と竹をつなげることを目指しています。
早速、写真を通して紹介しましょう。

a0103666_22115059.jpg

a0103666_22135697.jpg

展示のスタート。
要するに竹は環境に良い素材ですよということをアピールしています。

a0103666_22161289.jpg

台湾には竹の加工技術が4つあります。
竹編・竹管・竹彫・積層竹。
編む技術は日本の方が優れていると思うけれども,丸竹を使った家具(竹管)や竹を彫る技術は台湾にとてもかないません。
そして、積層竹(スライスした竹を積み重ねて板状にしたもの)の製品はデザイン性が高く、これも日本よりも技術が進んでいるように見受けました。

a0103666_2225072.jpg

この写真だけ見ると、東京での展示会みたいです。
台湾は竹のデザイン向上に力を入れているようですが、うーん、お見事。

a0103666_22274243.jpg

このかごは底が丸くなっていて、船のようなゆりかごです。

a0103666_22305979.jpg

これが台湾特有の竹管の技術を使った竹の家具。
日本の真竹とほぼ同じ、桂竹という竹で作られています。
河井寛次郎が台湾から竹の家具の職人を京都に呼び寄せて、家具をデザインしています。
京都の河井寛次郎記念館で見学可。
とてもよいので日本にも輸出すればと思いましたが,気候が違うので乾燥しすぎて割れが入ってしまうそうです。

a0103666_22381034.jpg

中華文化圏らしい細工物。
アップでお見せできないのが残念です。

a0103666_22403110.jpg

もちろん日本の竹工芸のコーナーも。

展示の仕方も慣れていると思いました。
展覧会を開くための4階建ての建物が、工芸研究所内にあるんですから,当然ですよね。
台湾の田舎に研究所はあるのに、田舎臭さを感じない洗練された展覧会でした。
アメリカ・アイオワ州を訪問したときに感じたのとおなじ感覚です。
世界は感覚のボーダーレス化が進んできているのかもしれません。
文化の均一化は味気ないけど,洗練された感覚は共通化されるといいですね。

以上展覧会レポートでした。
次回は工房訪問レポートです。
by first-nakatomi | 2010-01-27 23:00 | information
<< 台湾訪問記 その3(産地訪問) 台湾訪問記 その1(国立台湾工... >>