カテゴリ:thinking( 56 )

かご研究2

この籠も地獄で発見したかご。

亀甲編みに、ひごを巻き付けています。
竹の編みは、平坦なものが多い中、これだけの凹凸感は秀逸。
縁が丸くてごつい仕上げで、全体のバランスが取れています。
難しい技法ではないけれど、面白みがあって、美しいかご。

竹は虎竹。
価格は55,000円。
a0103666_22172886.jpg

斜めから見るとボリューム感があります。
a0103666_2218282.jpg

by first-nakatomi | 2011-08-23 22:28 | thinking

かご研究1

別府の地獄巡りをしていて発見した竹籠。
ざっくり簡単な編みですが,はっとさせられました。

材料は虎竹。
底は麻の葉編みで、口の部分をござ目編みで止めておいて、
あとはひごを自由に回しています。
簡単なようでいて、竹を知り尽くしている熟練の技です。
価格はかなり安いです。
a0103666_228567.jpg

a0103666_2293066.jpg

by first-nakatomi | 2011-08-21 22:16 | thinking

福岡展示会 終了

無事に福岡での展示会が終了しました。
観に来てくださった皆さん、ありがとうございました。
とても好評で、今後の活動の糧になる会でした。

展示概観。
8人いれば、作風もいろいろで、
大作から小物まで、観る人が楽しめる内容だったと思います。
a0103666_22383710.jpg

100万円を超す作品も、売却されました。
さすが三越の外商さんです。
a0103666_22423713.jpg

こちらは杉浦さんの作品。
独創的な、新しい竹工芸の可能性を切り開いています。
a0103666_22431144.jpg

by first-nakatomi | 2011-08-10 22:52 | thinking

展示会考

みんなでする展示会は、良くも悪くもいろいろなことを考えさせられます。
統一感の欠如にしっくりこなかったり、いろいろ妥協するところも必要ですが、
それでも得るものはたくさんありました。

尊敬する方が、良く引用されるアフリカの諺に、

「急いでいるなら一人で行きなさい。遠くへ行きたいのなら皆で行きなさい。」

というものがあります。
本当にそう思う4日間でした。
by first-nakatomi | 2011-06-06 22:19 | thinking

放射能

政府もNHKも、はっきり言わないから不安になりますね。
風評のほうが、正しいと思います。

友人に教えてもらった中部大学の武田教授のブログはおすすめです。
積算被曝量の簡単な計算方法や、
避難すべき地域などが載っています。
http://takedanet.com/
by first-nakatomi | 2011-04-09 22:09 | thinking

IKEA

私用で神戸IKEAに行ってきました。
作品のヒントが盛りだくさん。
いろいろ収穫がありました。

まわしひごをひねって編んでいます。
凹凸が非常に印象深いです。
a0103666_21272722.jpg

縦骨が2度、増しひごされています。
小さい口径から、大きい口径への移行は、増しひごなしにはありえません。
a0103666_21275783.jpg

パーツをたわませて繋げる。
竹にも応用できる作り方。
a0103666_21282823.jpg

生野祥雲斎の帝国ホテルのオブジェのような照明。
先端の処理の仕方は、勉強になりますね。
a0103666_2129748.jpg

by first-nakatomi | 2011-03-10 20:26 | thinking

格言

新聞におもしろい表現の格言が出ていました。

「殻は自分で破れば生命になるが、他人が割れば料理になる。」

雛になるか、卵焼きになるかの違い。
主体的に行動することの大切さのたとえ。
by first-nakatomi | 2011-02-08 22:19 | thinking

別府公園の竹林

友人から写真をもらう。
あらためて竹林の美しさを実感。
別府公園ぐらいきれいに整備されているところは、なかなかないです。
a0103666_21372178.jpg

a0103666_21381955.jpg

a0103666_21385347.jpg

ちなみにここの竹は、見栄えのする孟宗竹です。
by first-nakatomi | 2010-10-11 21:45 | thinking

丁寧な生活

「暮しの手帖」編集長・松浦弥太郎さんの「今日もていねいに。」を読む。
できるかぎり丁寧な生活をしたいなあと思う。
あれもこれもではなくて、これだけで充分としないと、そういう生活はできないですね。
時間もお金も限りがありますから。
by first-nakatomi | 2010-07-28 09:09 | thinking

NHKFMの番組で整体の先生が、「胸」の大切さを説いていました。

人は自信のあるときは、自然に胸を張り前を向いているけれども、
失敗をして自信をなくすと、胸がしぼみ下を向く習性がある。
なので、良い悪いに関わらず、いつも胸を張ることを意識するとよい。

そうすると、
「胸を張る→肩を張る→姿勢が正しくなる」と流れてゆきます。
ワールドカップ日本代表の長友選手が、一番良い胸の張り方だそうです。

昔の人はよく姿勢の大切さを説いていましたが、自信を持って前向きに生きてゆけるように、言っていたのでしょうね。
by first-nakatomi | 2010-07-06 23:48 | thinking