カテゴリ:information( 226 )

ブラジル訪問記 その3

展覧会『Bambu』の3階。

近現代の竹藝作品が並びます。
展示のレイアウトが粋でした。
photo by Carol Quintanilha
a0103666_23411407.jpg








第4代田辺竹雲斎さんの、大きなオブジェが中心に配置されています。
photo by Rogerio Casimiro
a0103666_23412911.jpeg














宙に浮いたような展示。
a0103666_23414095.jpeg









a0103666_23414730.jpeg














私の作品3点も展示されていました。
a0103666_23493791.jpeg














川島茂雄さんの現地の竹を使った大きなオブジェ。
a0103666_23415581.jpg


by first-nakatomi | 2017-07-08 21:51 | information

ブラジル訪問記 その2

展覧会『Bambu』の会場に入ってみましょう。
まずは1階です。

入口を抜けると竹の巨大な筒?
photo by Carol Quintanilha
a0103666_23225336.jpeg

















a0103666_23230633.jpeg
















中には畳が敷き詰められ、寝転がって天井のスライドで、スタジオジブリの「かぐや姫の物語」の短編を観られます。
かぐや姫は、竹から生まれたお姫様ですからね。
a0103666_23231173.jpg















筍・竹刀・茶道具・竹のフィラメントが使われたランプなどが展示。
photo by Rogerio Casimiro
a0103666_23234372.jpeg















a0103666_23232431.jpg















a0103666_23233778.jpeg















宮崎県の伝説の竹職人、故・廣島一夫さんの竹かご。
初めて実物を拝見しましたが、丁寧ないい仕事をされていました。
photo by Carol Quintanilha
a0103666_23235054.jpg



by first-nakatomi | 2017-07-07 20:36 | information

ブラジル訪問記 その1

2017年5月半ばに10日間ブラジルを訪問してきましたので、遅ればせながら訪問記を数回にわけて記したいと思います。

10日間といいつつ、片道40時間なので、実質6日間ですが。

ブラジル訪問の目的は、「Japan House, Sao Paulo」開館記念展覧会『BAMBU』に併せてワークショップを行うことと、首都ブラジリアにある日本大使館で講演とワークショップを行うことです。


建物の設計(リノベーション)は隈研吾さんですが、地震のない国ブラジルらしいファサードになっています。

photo by Rogerio Casimiro

a0103666_22461265.jpeg









a0103666_22464421.jpeg













a0103666_22472558.jpeg


















入口には日詰明男さんの作品がありました。
photo by Carol Quintanilha
a0103666_22480247.jpeg














photo by Rogerio Casimiro
a0103666_22483107.jpeg














館内には日本に関する書籍を揃えた図書館やカフェ、和食レストランもあります。
パウリスタ大通りという大都市サンパウロの目抜き通りに面していることもあり、入場制限がかかるほど大賑わいでした。




by first-nakatomi | 2017-06-15 20:44 | information

現代国際竹芸展 in 台北

台湾台北で現在行われている「現代国際竹芸展 竹跡」
いろいろな国から竹の作品が出品されています。
会場の写真をいただきましたので、ご紹介。
a0103666_15540667.jpeg

















もともとは博物館の建物をリノベーションして、國立台湾工藝研究発展センター台北分館として2016年に開館した空間です。
a0103666_15561888.jpeg













円形の建物をうまく利用して展示空間がデザインされていました。
台湾の竹のデザイン分野は、世界の先端を行っている感じがします。
政府の工藝振興政策によるところが大きいのでしょうね。
a0103666_15564569.jpeg















日本からは師匠の本田聖流先生と私の作品を展示していますが、
作品の多くを別府市竹細工伝統産業会館の収蔵品をお借りしました。
作品が手元にあまりないので、とても助かりました。
a0103666_15572480.jpeg

















右の2点は台湾の竹藝家・葉基祥さんに収蔵して頂いた作品をお借りしました。
a0103666_16002264.jpeg

















a0103666_15595747.jpeg

















自分の作品をハレの場で見ると、またいろいろな発見があります。
国が違うと、反応が異なるのも興味深いですね。

by first-nakatomi | 2017-05-11 15:50 | information

ブラジル遠征

日本の文化を多面的に紹介する外務省関連施設「Japan House サンパウロ」が開館しました。
今年度中には、ロンドンとロサンゼルスでも開館します。
ヤフーニュースでも紹介されていました。

オープニングの企画展が竹に関する展覧会ですので、ブラジルまで遠征してきます。
まさに文字通り「遠く征く」。
私の作品3点は無事にたどり着きました。
a0103666_23231597.jpg





























Japan House サンパウロでのワークショップと、首都ブラジリアの日本大使館でも日本の竹工芸についての講演とワークショップを行います。
別府の大学に出向されている時に知り合った外務省の方が、現在ブラジルの日本大使館にいるので、その縁で行くことになりました。
人の縁は不思議ですね。

この方の同期には、イギリスのセインズベリー日本藝術研究所の所長をされている方もいて、日本の外務省の人材の豊富さを感じます。

by first-nakatomi | 2017-05-05 22:10 | information

四代 田辺竹雲斎 襲名展

大阪の堺で竹工芸をされている、田辺竹雲斎家の4代目の襲名披露展覧会のお知らせ。

大阪展 高島屋大阪店 6階美術画廊 2017年4月26日〜5月2日
東京展 高島屋日本橋店 6階美術画廊 2017年6月28日〜7月3日

竹工芸は代々続く家が、他の工芸分野に比べて非常に少なく、
田辺家が現存する最古の家柄で、唯一の砦です。

これまでで一番長く続いたのも、京都(初めは大阪)・早川家の五代。
他は、ほとんどが一代のみか、二代です。
理由は色々あると思うのですが、竹工芸は労多くして実りが少ないことが跡を継がない(継がせない)原因の1つでしょうか。
日本にたくさんある工芸分野の中でも、低い地位にみられていたということもあります。
「かご屋」というのは差別的な意味合いが含まれていますから。

伝統的な竹工芸は需要が無くなりつつありますが、時代に抗うように名跡を襲名するというのは貴重な存在です。
四代田辺竹雲斎さんは、まだまだお若く40代半ばですので、これから益々活躍されると思います。
竹工芸の個展というのも稀なので、お近くにお住まいの方はぜひご覧下さい。

by first-nakatomi | 2017-04-24 21:01 | information

SP ARTE

2017年 4月6〜9日

ブラジルサンパウロでのアートフェア『SP-Arte』内で開催されている特別展「Japan House」に作品を出展中。
本展は外務省が主催し、現代日本のアーティスト15名の作品で構成されています。
草間彌生さん、杉本博司さん、山口晃さん、名和晃平さんらと共に選出されました。
とても光栄です。
http://www.sp-arte.com/en/home/


ミズマアートギャラリーさんのfacebook (3/31)に展覧会の情報が詳しく載っていました。
https://www.facebook.com/Mizuma-Art-Gallery-139691719391717/


by first-nakatomi | 2017-04-07 14:15 | information

Contemporary International Bamboo Art & Craft Exhibition

台湾・台北で竹工芸の展覧会が行われています。

『竹跡 當代国際竹藝展』
『BAMBOO TRACES Contemporary International Art & Craft Exhibition』

2017年3月29日〜7月16日
国立台灣工藝研究発展中心 臺北當代工藝設計分館 4F

私も数点出品しています。
3月29日に見にゆきましたが、台湾のデザインのレベルの高さに驚きます。
日本の竹の人は、もっと手仕事感のある方を好むので、デザイン分野はどちらかと言えば苦手ですね。
国によって随分違うもんだなあと感じました。

会場風景。
黒い仕切りの格子は竹。
a0103666_00514573.jpg















a0103666_00522255.jpg















これはフランスのデザイナーの作品です。
粋な作品でした。
a0103666_00525119.jpg



by first-nakatomi | 2017-04-04 20:35 | information

『Modern Twist: Contemporary Japanese Bamboo Art』全米巡回展

The Clark Center for Japanese Art and Cultureの竹芸コレクションが、2012年から全米を巡回しています。
現在はテキサス州のAsia Society Texas Centerで開催中。





by first-nakatomi | 2017-02-08 21:30 | information

展覧会のお知らせ

『工芸の現在』展が、
東京の菊池寛実記念智美術館で開かれています。
2016年12月17日〜2017年3月20日

様々な現代工芸家が出品していますが、竹工芸界からは杉浦功悦さん、谷岡茂男さん、植松竹邑さんが出品されています。
現代美術的な要素も取り入れつつ、工芸技術に立脚した作品が並んでいます。

重厚な展覧会で見ごたえがあると思いますので、近くにいらして気力が有る時は立ち寄り下さい。
by first-nakatomi | 2017-02-05 16:25 | information