カテゴリ:information( 220 )

2010年の予定

2010年の予定は
・4月 「ミラノサローネ」でボッテガベネタと一緒に展示会
・5月 ロンドンのアートフェアー「COLLECT」に出品

反応を見て、今後の指針にしたいと思います。


イギリスのセインズベリー日本文化研究所も今年、日本竹工芸の研究予算を持っているので何かしら動きがあるかもしれません。

また、昨年末にドイツのハンブルグで「籠師」展がありました。
ドイツの美術館にも古い日本の竹工芸作品が数多く収蔵されているらしく、日本でもあまり開かれないような、かなりマニアックな展覧会がドイツでありました。
明治期の国際博覧会が華やかな頃の日本の籠が数多く展示されていたようです。

注、「籠師」・・・幕末から戦前にかけて関西地方を中心に活躍した高級花籠を作る人達のこと
by first-nakatomi | 2010-01-11 23:43 | information

とらや「竹つれづれ展」 無事修了

とらやでの展示会が無事に修了しました。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
虎屋様には昨年の打ち合わせからの長丁場でしたが、良い展示会ができてとても感謝しています。
また、見に来ていただいたお客さん、ワークショップに参加してくれた方々、ありがとうございました。

事後報告になりますが、8月の展示会の様子をアップいたします。
写真は虎屋様からいただいたものです。

a0103666_236854.jpg
壁面に並べられた様々な種類の竹。
よく集められましたね。


a0103666_2385844.jpg
BAICA商品。
影がきれいでしたね。


a0103666_23111777.jpg
参考品「CAGE」。


a0103666_2312559.jpg
竹の構造物を縦につなげたもの。
七夕かざりみたいでした。


a0103666_23125635.jpg
照明「UNICO」。
壁面の編みが効いていますね。

by first-nakatomi | 2009-09-05 23:22 | information

竹の世界展

大分県立藝術会館
「創る、出会う、拓く   竹の世界」展
9月17日~10月11日(9時~17時)
休館日 9月24日・28日、10月5日

出品しています。

9月13日
大橋重臣プレワークショップ
「テーブルライトを作ろう」
定員10名
これはお勧めです。

9月19日
作家トーク
10時~12時、14時~16時
参加していると思います。

9月23日
公開対談
「竹ー未来へつなぐ」
13:30~15:30
出席者 芸館館長・生野徳三・米澤二郎・中臣一
何を話しましょうか。
by first-nakatomi | 2009-09-01 22:30 | information

とらや「竹つれづれ展」

羊羹で有名な「とらや」ミッドタウン店ギャラリースペースにて竹の展示をしています。

「竹つれづれ展」
6月「竹と日本文化」 お茶関係の道具を中心に
7月「とらやと竹」 とらやさんの竹に関係する和菓子について
8月「現代の竹工芸」 BAICAの商品展示を中心に

全体の期間を通して、ショップスペースで大分県の竹工芸品の販売展示をしています。
カフェスペースにも様々な編み見本などを展示していますので、お近くにお寄りの際は足をお運びください。

7月12日BAICA中臣の「茶杓」のワークショップ(満員)
8月1日BAICA広瀬の「一輪挿し」のワークショップ(若干の空席あり)
8月2日BAICA大橋の「四海波花篭」のワークショップ(若干の空席あり)
【6月19日現在】

興味のある方は「とらや 東京ミッドタウン店」まで参加の申し込みをしてみて下さい。
電話 03-5413-3541
by first-nakatomi | 2009-06-19 23:10 | information

NEW BAMBOO

昨年、N.Y.のJapan Societyで行われた「NEW BAMBOO」展の会場風景がYou Tubeで流れています。
もし、興味のある方はご覧になってください。
現代的な竹の作品の展覧会でした。

http://brooklynmodern.com/2008/10/27/a-visit-to-the-japan-societys-new-bamboo-exhibit/
by first-nakatomi | 2009-04-14 23:33 | information

福岡県立 求菩提資料館 竹のかたち展

4月21日~5月31日まで
求菩提資料館(豊前市にある修験道専門の美術館)で
「竹のかたち展 大分県在住作家9人の会」が開催されます。

出品竹工芸作家は、
安倍 基楽
岐部 笙芳
生野 徳三
杉浦 功悦
中臣 一
本田 聖流
森上 仁
山口 龍雲
米澤 二郎

私の出品作は 「Prism, triangle」 2点
今までの作り方から少し改良したものです。
△のパーツを2個組み合わせて、一つのパーツとし、それをつないだものです。


今回の図録に載せるコメント
「私は少しでも竹工芸の地平を広げたいと考えて制作しています。
今回の出品作品のコンセプトは、「無限の拡張性」。
同型の部材を組むことで形を構成しており、いくらでも大きくすることが出来ます。
今回は△を使用していますが、形の基本原理である「○・△・□」の3パターンがあります。
このPrismシリーズは、私にとっての「形の基礎研究」であるとともに、「美的感覚の向上」のために必要なものであると考えています。」 

もしお近くに寄られる方はご覧になってください。
by first-nakatomi | 2009-04-03 21:17 | information

中臣 一 個展

日時 2007年11月14日~27日 12:00~19:00
場所 gallery K
http://www.gallery-k.org/artist.html

作家滞在日
11月14,17,18,23,27日

主にオブジェ。
作風変えました。

みなさんお気軽に遊びに来てください。
by first-nakatomi | 2007-09-23 22:19 | information

竹のかたち展 

日時 2007年11月20日~25日 10:00~18:00
場所 大分市 オアシス県民ギャラりー B1F

大分県在住の作家11人で展覧会を行います。
普段大分県内で、なかなか見ることがない公募展への作品を出品。
アジア竹文化フォーラムの活動の一環です。

出展作家:
生野徳三・山口龍雲・本田聖流・森上仁 (以上日展)
安倍基楽・梶原彩・梶原光峰・河野祥篁・岐部笙ほう・杉浦功悦・中臣一
(敬称略)



同時開催として、
「あしたをつむぐ竹 草月の花 展」
日時 2007年11月20日~25日 10:00~18:00
場所 大分市 オアシス・アトリウムプラザ


シンポジウムも
「現代における竹の美と用の可能性」
日時 2007年11月24日 15:00~17:00
場所 大分県労働福祉会館ソレイユ 7階カトレア
パネラー 
ロバート・コフランド (アメリカ・竹工芸研究家)
デワンカー・バート・ジュリエン (ベルギー・北九州市立大学準教授・空間デザイン)
井上正文 (大分大学教授・竹素材の工学的研究
山本耕平 (九州産業大学教授・家具インテリアデザイン)
by first-nakatomi | 2007-09-23 22:04 | information

Temporary Structure of Bamboo

「Temporary Structure of Bamboo
           ・・・・・竹と社会の新しい関係」

日時 2007年10月16日~21日
場所 大分市アートプラザ

BAICAと日本文理大学近藤研究室で展示会をします。
竹の仮設構造体を考案し、新しい竹の使い方を提案。
BAICAのプロダクト製品も展示します。

竹は素材としてみると、軽さ・強度・価格・入手可能性などの点でアドバンテージがあります。
特に大きな空間を作り出すときに、威力を発揮する素材です。
今回の展示では、誰にでも作ることの出来る、竹の構造体を提案することで、社会の中での新しい竹の使われ方を提案します。

どういうものになるかは、まだわかりませんが、面白くなりそうなことは確実です。
ぜひ、足をお運びください。
by first-nakatomi | 2007-09-23 21:42 | information

別府竹工芸12人展

別府竹工芸12人展

日時:2007年5月12日 土曜日
    一般公開15:00~16:00

場所:別府B-CON PRAZA
    3F 31小会議室

出展作家:
安倍基楽・本田聖流・梶原彩・梶原光峰・河野祥篁・岐部笙峰・三村竹萌・
森上仁・中臣一・渡辺勝竹齋・山口龍雲・油布昌伯(敬称略)


普段地元ではあまりみない作品が公開されています。
お近くに寄られましたら、短い時間ですが、ぜひいらしてください。
by first-nakatomi | 2007-04-11 20:52 | information