カテゴリ:information( 220 )

竹のかたち展 8

展覧会のお知らせ。

『竹のかたち展 Ⅷ ー温故知新 Ⅱー』

日時 2016年7月5日~10日まで
10:00~18:00 (最終日は17:00まで)
場所 OPAM 大分県立美術館3F
主催 アジア竹文化フォーラムおおいた

人間国宝の故・生野祥雲斎と生野徳三先生の2代にわたる東洋の竹工芸コレクションと、県内在住現役竹藝家の作品の展覧会です。
竹工芸だけで展覧会が開けるのも、大分県ならではのことなので、ぜひご覧下さい。

a0103666_959069.jpg

a0103666_9583275.jpg

a0103666_958227.jpg

a0103666_9591967.jpg

by first-nakatomi | 2016-07-05 09:47 | information

熊本での展示会

熊本での展示会に出品しています。

「第二回 青花 初夏の会」

場所 本田邸 (熊本市東区秋津新町1−18)
日時 2016年6月16日〜20日 ・ 11時〜17時
問い合わせ 090-2598-5993 陶季

穏やかな日常が戻りますように。
by first-nakatomi | 2016-06-12 20:35 | information

文化庁長官表彰授与式

竹田市の文化政策が2015年度の文化庁長官表彰(文化芸術創造都市部門)を授賞しました。

私が工房を構えている竹田総合学院で長官表彰授与式と記念行事がありますので、お時間のある方はお越し下さい。
宮田亮平・文化庁長官がお忙しい中、日帰りで竹田に来てくれます。

日時 2016年6月11日 13時〜
会場 竹田総合学院(竹田市植木731)
a0103666_985626.jpg

駐車スペースが少ないので、乗りあわせて来て頂けると助かります。
by first-nakatomi | 2016-06-03 08:32 | information

東京モダン x アルチザン 展

「東京モダン x アルチザン」 展に出品します。

場所 銀座三越7F ジャパンエディション
期間 4/27 〜 5/8

出品作
ムスビ共縁花籠
a0103666_23253443.jpg

ひんめり菓子器(大・小)
a0103666_23255546.jpg


東京のモダンさが、日本の伝統工芸とかけ合わさるとどうなるのか、という企画展です。
田中敦子さんのセレクトで、華薩摩・金唐革・鍛金などすこし変わった工芸分野の方が出品します。
by first-nakatomi | 2016-04-22 21:19 | information

竹のシャンデリアの一般公開

今週末から東京のパナソニック汐留ミュージアムで、竹のシャンデリア 「Infinite Shadow」 が初めて一般に公開されます。
「Infinite Shadow」 は、約2000本の竹ひごを作り、数ヶ月かけて編み上げた作品で、個人的にも非常に思い入れのあるものです。
作品は、2013年の 『Revalue Nippon Project Charity GALA』 において、特別招待者に1日だけ公開されたのみで、現在は個人蔵となっています。

今後は公開される予定はありませんので、ご興味がある方はぜひご覧下さい。

このページに「竹のシャンデリア」の高解像度の写真を掲載しました。
最初の1枚目は1500x2100pxのサイズがあります。
出来れば、高解像度の4kモニタやratinaディスプレイ等でご覧下さい。

「REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸」展
パナソニック汐留ミュージアム
4月9日(土)から6月5日(日)まで
by first-nakatomi | 2016-04-05 22:28 | information

HPを新しくしました。

HP新しくしました。
http://www.h-nakatomi.com

My HP renewal
English version under constraction

随分長く、竹と共に時間を過ごしてきました。
すべての作品ではないですが、どうぞ御覧下さい。
2020年に竹藝生活20周年の回顧展を開くつもりです。

2016年4月1日発売の家庭画報5月号に掲載されました。
併せて、お知らせします。
by first-nakatomi | 2016-04-01 23:01 | information

東京での展覧会のお知らせ

『 REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸 』 展

2016年4月9日〜6月5日
パナソニック汐留ミュージアム

竹のシャンデリアの制作で私も参加しました、
中田さんのプロジェクトのこれまでの活動を振り返る展覧会が開かれます。

陶磁器、和紙、竹、伊勢型紙、漆
それぞれの工芸分野を新しい視点で問い直した5年間の活動の集大成。
オークションで販売された日本国内にある作品がすべて展示されます。

4月16日に竹玉ペンダント作りのワークショップを行いますので、
ご興味のある方はご参加下さい。
募集人数15名/本日より受付開始。
(詳しくは美術館の上記のウェブサイトで)
by first-nakatomi | 2016-03-01 21:39 | information

大分県立美術館ワークショップのお知らせ

仕事場のある竹田総合学院でのワークショップ。

美術家ミヤケマイさんの
「キオクのカタチ つなぐオモイ」
a0103666_20372183.jpg



参加者が石に好きな文字を彫り、かごに石を詰めて、
竹のように縦につないでゆくという作品になる予定。
私もお手伝いしますが、まだ定員に空きがあるようなので、
興味のある方はご参加下さい。
by first-nakatomi | 2016-02-28 20:35 | information

修了作品展

私も卒業した大分県竹工芸・訓練支援センター竹工芸科の修了作品展が
開かれます。

2年間でこれほどまで技術が上がるのかと、いつも驚かされます。
たぶん今、再入学しても得られるものがたくさんありますね。

昔とはカリキュラムもかなり違っていて、30名から10名に減りましたが、
学ぶ期間が倍の2年になり、じっくり力をつけられるのだと思います。

場所 ホルトホール大分(JR大分駅から徒歩1分)
日時 2016年2月27、28日
10:00〜17:00

a0103666_23425319.jpg

by first-nakatomi | 2016-02-24 21:38 | information

第52回くらしの中の竹工芸展

久しぶりに出品した地元の竹の公募展。
作品を2点出品し、ひとつ賞をいただきました。

今は若手の登竜門的な位置付けになっていますが、
昔は大御所から中堅まで出品されていて、華やかだったことを考えると、
少しさみしいですが、盛り上げてゆきたいと思います。

作品写真を撮影していないのですが、この系統の作品です。
a0103666_2327184.jpg


場所 別府市竹細工伝統産業会館
日時 2016年1月26日〜2月7日 (休館日 2月1日)

ぜひ御覧下さい。
by first-nakatomi | 2016-01-26 21:25 | information