カテゴリ:works( 81 )

共縁蓋置

小品ですが、蓋置を制作してみました。
a0103666_23355898.jpg















a0103666_23362220.jpg















a0103666_23360363.jpg















a0103666_23361325.jpg















by first-nakatomi | 2017-07-21 21:58 | works

Prism Ellipse, cloud

「禅」をテーマにした企画展のための作品。

「雲」をモチーフにしています。
禅において、流れるままにまかせる「雲」は理想の境地を表しています。
形において琳派の雲も、少し意識しています。
a0103666_23363226.jpg















a0103666_23364270.jpg

by first-nakatomi | 2017-07-20 21:52 | works

Prism Circle, double spiral

禅をテーマにした企画展があり、そのための作品。

二つの螺旋が上下で繋がる構造です。
輪廻でもあり、花弁のようでもあります。
a0103666_23014941.jpg


























a0103666_23022345.jpg


























a0103666_23025267.jpg

by first-nakatomi | 2017-07-14 22:01 | works

8祝ぐ、双円

東京日本橋にある老舗染料メーカー、桂屋ファイングッズ株式会社さんのワークショップスペース「somenova」のための作品。
いつもこちらの染料を使用しているので、ご縁が有り作品を納めました。

8を繋げて言祝ぎを意識した「8祝ぐ」シリーズですが、江戸の伝統色である茶鼠をベースに色を組み合わせています。
二つの円形を繋げた構造なので、副題を双円としました。
a0103666_00293264.jpg

























a0103666_00295129.jpg
















見る角度によってかなり印象の変わる作品となっています。
a0103666_00303719.jpg





















基本構造はシンメトリーですが、シンメトリーの心地よさというものがあると最近よく感じます。

by first-nakatomi | 2017-07-11 21:26 | works

Prism Ellipse, ハ長調

The Prince Sakura Tower Tokyo Hotel の会員専用ラウンジに納めた作品の一部です。
今回は音楽的なイメージで制作しています。

全体写真はプロの方が撮影してくれていますので、後日載せたいと思います。
本当は横に長いのですが、自分で撮影すると縦のほうが綺麗に撮れました。

こうしてみると、建築的でもありますね。
a0103666_23381091.jpg



























a0103666_00125132.jpg

by first-nakatomi | 2017-04-08 21:21 | works

制作の風景 花火2

とあるホテルに設置される作品ですが、作品完成。
花火というよりは水面の波紋という感じですね。
a0103666_22121451.jpg


























こういう作品は繊細なので、発送するのが大変。
木枠で完全に固定し、厳重に梱包して送ります。
もちろん設置業者の方も大変です。
a0103666_22142195.jpg


























ひっくり返すと花火のようにも見えます。
a0103666_22121571.jpg


























横向きにしても良いですね。
いろいろ応用範囲の広い作品形態です。
a0103666_22121469.jpg




by first-nakatomi | 2017-03-06 22:22 | works

台湾訪問記 其の三

いくつも展示場の1つで 『Tea x Craft』 の企画展が開催されていました。
展示会を企画する部署があるので、かなり充実していました。
a0103666_23233629.jpg

a0103666_2324090.jpg

こういう竹の使い方は初めて見ました。
構造的にかなり無理があるのですが、形にしてしまうところに感心しました。
a0103666_23241954.jpg

蜂の巣穴にいるようで楽しいですね。
a0103666_23244517.jpg

なんともいえない表情の茶室です。
a0103666_2325110.jpg

by first-nakatomi | 2016-09-08 20:22 | works

台湾訪問記 其の二

授業は丸いテーブルで行いました。
円卓は中国的で、椅子が竹なのも台湾ならではです。
日本と陸続きなら、車に積んで持ち帰りたいですが、飛行機なので今回は小さい座椅子を2脚のみ戴いて帰りました。
a0103666_2345046.jpg

長い竹ひごを加工中。
加工方法は日本と同じでした。
a0103666_2352033.jpg

染色。
台湾では茶色に染めることが多いようでしたが、今回の授業ではもう少し色の数を増やしました。
染色方法は、師匠の本田先生式の1鍋1色方式です。
この方法なら、無限に色のバリエーションが広がります。
a0103666_2353875.jpg

漆。
地の粉の使い方と、漆の綺麗に塗る方法を伝授。
a0103666_236065.jpg

年齢も、経験年数も幅が広かったので、不安でしたが、皆さん意欲的に取り組んでくれて今後の展開が楽しみです。
今回は作品試作、サンプル制作が主でしたので、2ヶ月後に仕上がった作品を観に再度訪問します。
by first-nakatomi | 2016-09-07 20:03 | works

台湾訪問記 其の一

2009年以来、7年ぶりに台湾に行ってきました。
中部の南投県草屯にある国立台湾工藝研究発展センター。
日本の竹工芸についての講演会と造形演習、染色、漆仕上げの技術指導で、10日ほどの滞在でした。

国立の工藝研究所があるのは、日本からするととても恵まれていると感じます。
日本では県単位での研究所が多く、大分県の竹の研究所は廃止されました。
台湾の人口2300万人と、大分県の人口120万人では比べようもないですね。
a0103666_22351961.jpg

敷地は広大で、様々な工芸研究所、ショップ、ホテル、展示場、公園あり。
早朝には、敷地内でたくさんの高齢者が太極拳をしていました。
a0103666_22355070.jpg

センターの前の広い道。
a0103666_2236764.jpg

テレビで、国民幸福度が3年連続アジア首位と報道されていましたが、一年中暖かく、のんびりして住みやすそうな国ですね。
食べ物も美味しいですし。
by first-nakatomi | 2016-09-06 18:34 | works

煎茶建水

今年のお正月に頼まれていた煎茶用の建水(お湯を捨てる器)。
個展用に少し多めに作りました。
a0103666_23503978.jpg

a0103666_23505589.jpg

竹の表面を削いで、漆を塗り重ねています。
by first-nakatomi | 2016-07-13 21:50 | works