カテゴリ:works( 80 )

竹玉アクセサリー

随分前の注文品をようやく納品。
ピアスとペンダントのセット。
竹は比重が軽いから、大きくしても重さを感じないのが強みです。
a0103666_2344428.jpg

a0103666_2345941.jpg

紐や金具は、まだまだ改善の余地が大。
アクセサリー制作は、すでにライフワークになりつつあるので、
いつか、竹アクセサリーのみの個展をひらきます。
by first-nakatomi | 2013-12-21 22:03 | works

竹玉アクセサリー

竹玉イヤリングとネックレスの注文。
随分お待たせしてしまいましたが、クリスマスまでにはお届けしたいです。

幅1mm 厚み0,2mmの竹ひごで作る竹玉イヤリング。
直径20mm。
マカロンみたいで小さいものもかわいいですね。
ただ、とっても肩が凝ります。
a0103666_2358062.jpg

依頼を受けて作ると、今までにない発見が本当にたくさん。
人の為に仕事をすると作品にも応用できそうなものが、こぼれ落ちてきます。
a0103666_23581812.jpg

by first-nakatomi | 2013-12-14 22:56 | works

竹のショットグラス

今年も残すところあとすこし。
頼まれていたものを、合間合間で仕上げています。

竹のショットグラスの試作品。
ものを一つ作るのも、新しい発見がたくさんありますね。
a0103666_23513648.jpg

竹は比重が軽いので、ガラスと同じように作ると安っぽくなってしまい、
工夫が必要だと実感。
by first-nakatomi | 2013-12-10 22:50 | works

茶道具の修理

頼まれていた煎茶道具の修理。
水差しの取手に竹の枝を取付けました。
a0103666_2128958.jpg

上から。
a0103666_21283119.jpg

手のつなぎ目が悩ましいところです。
苦労の跡が見えます。
抜けるとまずいですから。
a0103666_21284833.jpg

by first-nakatomi | 2013-11-10 21:25 | works

花材隠しの籠2

指人形のような。
a0103666_22292628.jpg

注文は1つだけでしたが、せっかくなのでまとめて作りました。
来月の「竹田ふらく」に出品します。
a0103666_22294068.jpg

作り方は、胴体と縁を分けて作り、合体させます。
胴体の底は六ツ目編み。
a0103666_2230664.jpg

by first-nakatomi | 2013-09-05 22:29 | works

「8」シリーズの試作

「8」の試作。
これまでのように、三角形に組んでからかたち作るのではなく、
「8」そのままを連ねています=無限。
a0103666_07995.jpg

課題は、強度をもっと増すように工夫が必要ですし、
新しいつなぎ方法も考えないといけないですね。

作品になるまでの道のりは、まだまだ先です。
6合目くらいかな。
by first-nakatomi | 2013-07-09 22:05 | works

試作

ホテルの壁面作品を作りながら、新作の模索。
立体にしながらの、美しい組み方を模索しています。
a0103666_22255023.jpg

by first-nakatomi | 2013-06-19 20:25 | works

竹玉ワークショップ

久しぶりに竹玉ネックレスのワークショップを、
佐伯のアトリエピースブランチで行いました。
みなさん真剣に、編んでいます。
a0103666_20302086.jpg

教えるというのは、教わるということですね。
私も新しい発見がたくさんあって、楽しい会になりました。
絵画教室の関係者が多かったこともあるのか、かなりいい竹玉が続出しました。
by first-nakatomi | 2013-05-21 20:26 | works

個展作品2

「Pretzell²」
お菓子のプレッツェルのような作品。
最後に研ぎ出しをすることで、スピード感を持たせました。
a0103666_1804555.jpg

「うねる」
2年前の高松ので個展にも出品したシリーズの発展形。
より重厚感と、スピード感を持たせています。
a0103666_1805618.jpg

毎月一回、古美術研究会に参加しているせいか、きれいにきちんと作られたものだけが美しい物ではないと、考えが変わってきました。
以前は、もっと技巧的できちんと作っていましたが、それだけが竹の特性を生かすことではないと思います。
逆に、竹の良さを殺していることもありました。
李朝に代表されるように、やわらいだ味わいの中に、気品を出すことができれば、というのが今のテーマです。
by first-nakatomi | 2013-04-18 17:59 | works

個展出品作1

ようやく作品発送も済んで一段落。
出品作の写真を少し撮りましたので、アップします。

アクセサリー。
竹は軽いので、アクセサリーに向いた素材だと思います。
今後開拓してゆきたい分野。

トルコ石との組み合わせ。
別府にあるアクセサリー屋さん、ST.SENSEとのコラボレーション。
すごくセンスがいいので、いつも御任せでお願いしています。
a0103666_17461693.jpg

a0103666_17463044.jpg

星削バングル。
孟宗竹を輪切りにして、外側を削ぎ、染色して漆を塗り重ねています。
ちょうど良い竹というのは、意外とないもので、山で探し廻って採った竹です。
色は何色かありますが、これは渋めの色。
a0103666_1746457.jpg

星をイメージして削いでいるので、星削バングルです。
by first-nakatomi | 2013-04-18 17:46 | works