<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

PRISMシリーズについて

・コンセプト

「編まない」
「ひとつの完結したパーツを使用する」

竹籠と言うと、どうしても有機的な曲線の編み(またはフォルム)になってしまいますが、根本的に「編まない」という観点で制作しています。
「編む」という行為そのものが、曲線を内包することなので、そこから一度離れてみようと考えました。
竹編みの持つ有機的な曲線が嫌いなわけではないのですが、安易に流れてしまうことが多くなってきたので。
フォルムに気をとられすぎてきていましたので。

ただ、竹の素材の持つ有機性が、今回の直線の構成にも自然ににじみ出ているので、そこは面白いかなと思っています。
竹の持つ特性、「直線的な繊維だけれども適度なゆらぎを持つ。」ということが、こういった作品を可能にしています。
火で曲げることが出来ることも、重要な構成要素です。

もうひとつの、「ひとつの完結したパーツを使用する」ということは、よりフレキシブルな制作をしたいという思いから考えました。
伝統工芸のような作品を作っていると、なかなか崩したりしにくくて、遊びの要素が少なくなり窒息しそうになりました。
そこで、大きさ(この方式だと巨大なものも制作可能)、形(逆に同じモノのほうが作りにくいです)をより自由にすることのできる方式(システム)が必要だと考えていると、この「ひとつの完結したパーツを使用する」という方法に至りました。

本当にいくらでも自己増殖してゆけますので、作っていてもまあ楽しいです。
でも、思っていた以上に、美しい形というものにならないのには驚きました。
どんどん組んで繋げていけば、形になるのだろうと思っていたのですが、そうは問屋が卸さなかったです。

これをどう発展させていくのか、まだ少し時間がかかりそうな気がしますが、以前このブログで書いたように、頭を整理して考えたいと思います。


・契機

そもそも、このシリーズを考えるきっかけになったのが、BAICAでの竹の構造体を研究し始めてからです。
竹の素材の特性を生かした、仮設構造物を製作しようという意図で始めたわけですが、
取り掛かりとして勉強した、アメリカの奇才・バックミンスターフラーの考え方は非常に参考になりました。
私の師である本田聖流の、パーツに分けるという制作コンセプトも、参考になりました。
ジョイント部分は、BAICAでともに活動している大橋さんの、インシュロックの使い方は、仮止めで形を組み立てるときに大きな威力を発揮しています。

作り始めるときはなんだかわけがわからず、いろいろ試行錯誤をしています。
あらかじめ完成形がイメージされて作り出すことは、私に限って言えば、まずないです。
作るうちに、「ああでもないこうでもない」としていくうちにできてしまった、ということが多いです。
最初から設計図があって、それにあわせて作るというのはプラモデルのようで、面白くないと感じてしまいます。
そういう作り方をする人がよくないといっているわけではなくて、私はできないと言った方が正しいです。
作る過程の揺らぎを見極めて、作品に仕上げていくのが自分のスタイルなのだとごく最近きずきました。

そうして、ひとつの作品が完成して、「ああ自分はこういうものが作りたかったのか。」
「こういう影響を受けて作ってきたんだなあ。」と、だいぶん後になって理解することができます。
これが自分にとって、作品を作るという道の、ひとつの階段を上るようなものです。
by first-nakatomi | 2007-09-27 21:49 | open process

竹の可能性について

素材としての可能性は、環境な観点から見ても、木や陶磁器、プラスチックと比較しても、
・「竹は3年で伐採可能」
・「自然に土に戻る」
・「厄介者されるくらいの繁殖力」
など、多くのアドバンテージがあります。

以前はマイナスとされていたことが、最近では世間の考え方が変わってきて、いつの間にかプラスになってきています。

また、これまでの20世紀の建築構造物が、鉄・ガラス・コンクリートを多用してきましたが、それは、その時代の要請があったとのだと思いますが、21世紀には竹が必要とされる時代が来ると思います。

さらに、竹を扱った分野は、ほとんど手付かずの大地が広がっているということです。
ブルーノ・タウトやペリアン女史、イサム野口、勅使河原宏など何人かの先覚者はいますが、それでもまだまだパイオニアになれる地平が拡がっています。
それは、閉塞間のあるこの時代に生きている私たちには、とても恵まれたことであり、勇気づけられることだと思います。
by first-nakatomi | 2007-09-27 21:16 | thinking

BAICAのこと

この間、BAICAの紹介文を書く必要があったのですが、なかなかこういう機会もないので、BAICAって何をやっているんだろうということをこの場を借りて。

BAICA

2006年3月設立、アートディレクターに城谷耕生さんを迎える
主に九州で展示会を何度か行っていますが、大規模な展示会はこれからです。
設立後1年間はプロダクト開発に力を注いできましたが、少し先が見えてきだしたので、今後は外に向って活動してゆく予定。

城谷さんの人脈によって、竹以外の分野のいろんな人と交流を持つことができるようになりました。
異なる分野の人と多く関わることで、BAICAのメンバーの視野が広がったことは確かです。


・BAICA結成のいきさつ

そもそものは、今からさかのぼること7年、城谷さんが大橋の師匠である早野先生宅を訪問したことから始まります。
そのとき城谷さんは、竹についてもっとよく知りたいということで訪問したのですが、たまたまそこに弟子として学んでいた大橋さん(現在BAICA代表)と知り合います。
そして竹細工の産地である別府の窮状を知るようになります。
多くの伝統工芸産地と同様に、別府においても外国製品の流入やデザインの遅れ、崩壊しかかった修行システム(弟子制度)のための後継者難など多くの問題を抱えていました。
まあ、いろいろ話しているうちに何とかしようということがあって、昨年のBAICA結成に至ります。


・BAICAのデザイン・創作のコンセプト

「学習と労働の場を両立させる、新しい工房運営プロジェクト。」
デザインの大元にあるのは、このコンセプトです。つまり、「竹細工の学校を卒業した生徒が基本的な技術で、学びながらクオリティーの高いプロダクトを生産できるシステムを作るということ。」が基本にあります。
ゆえに、開発しているプロダクトはどれも高度な技術は使用していません。

また、「過去の膨大な遺産を、再発見しリ・プロダクトすることによって、伝統を受け継ぐということ。」も大きなコンセプトです。
実際にWAVE,FREEBOX,BAMBOOHAT,UNICOは、リ・プロダクトしたものです。
昔の作り方を知っている老職人に話を聞きながら、昔の確かな技術を学ぶことは大切なことだと考えています。

なぜこうしたシステムが必要なのかということですが、現実問題として竹細工の学校で学んだ人で10年後も竹の仕事に携わっている割合は、この20年間ほとんど変わらず、1割にも満たないのです。
そうした厳しい現状があるにもかかわらず、昔の後継者育成のシステム(弟子制度)は崩壊し、職人は高齢化し、若い職人が育たず技術が失われていくという悪循環。
こうして産地が崩壊してゆくのは、日本の多くの伝統工芸産地と同様です。
あまり大それたことは考えていませんが、何とかしたいという思いはBAICAとして共有しています。

もともと竹細工は、家内制手工業的な要素の強い分野で、大きく産業組織化されないまま、時代に取り残されて今に至ります。
ただ、これだけ社会のほとんどが、大きく組織化されつつある中で、これだけ個人の手わざだけで生き残ってきている業界も少ないといえます。
ある意味時代が一回りして、いつの間にやら先頭を走っていたということにもならないとは限りません。
実際その、あまりにローテクな作業工程に魅力を感じてこの世界に飛び込む若い人が絶えないのですから。

私たちとしては、学校を卒業した若い人がBAICAという場で働きながら学び、自分の将来の飛躍に向けての布石を打つことの出来る場を作りたいと思ってます。
それはひとつの玉突きのように、BAICAで作り・学んだ人がそれぞれの方面で巣立って活躍してくれることが理想です。
そうして、また新しい若い人が参加する。
クオリティーを維持しながら、循環させることで、新しい後継者育成システムを作るつもりです。
それは、プロダクトを製作する工場でもあり、技術を学ぶ学校でもあり、新しいことに挑戦する研究所のようなところでもあるでしょう。

実際、研究所のような活動としては、日本文理大学の建築学科の近藤ゼミとともに、非営利な誰でもが利用可能なデザインの、竹の仮設構造物の研究をしています。
産業廃棄物を撒き散らす仮設の展示ブースの代わりとして、災害避難場所である体育館内のプライベートスペースの確保のために・・・など。
軽量な素材で、手軽に無料で手に入る竹という素材は、一時的な仮設構造物を制作するには最も適した素材でもあります。
竹の新たな可能性に、光を当てる活動もしています。

一言でBAICAというものは、どういうものなのですかといわれると答えに窮するのですが、上記で長々と述べてきたような組織です。
末永く見てください。


・名前の由来

最後にBAICAの名前の由来ですが、「BAICA」は「梅花」でもあります。設立した3月が梅の花の咲く頃であったということ、大分県の県木が梅であったという偶然から名前を決めました。


詳しい写真などはHPで、
http://www.baica.jp/
by first-nakatomi | 2007-09-27 21:08 | thinking

エントロピーの増大・・・その耐性

エントロピー(entropy)・・・熱力学の気体の属性の一つ。一般に「乱雑さの度合い」を表す。


日常、仕事をしていると本当にいろんなことが、次から次へと降りかかってきます。
自分の作品づくり、問屋に出す商品、BAICAのプロダクトの開発、個人的な特注品、町のお祭りへの参加などなど。
われながらなんて、まとまりのない仕事の仕方をしているのだと呆れています。
もう少しエネルギーを、集中させた方がいいのではないかと。

こういうのをエントロピーの増大と言うのだなと、最近感じています。
あんまり増大すると崩壊してしまうので、たまには整理縮小する必要があります。
実際は、優先順位をつけて一つ一つ片付ける感じですが、ついつい嫌なことは後回しにしてしまっています。
青色申告書の作成など。
いつまでたっても書類の山(仕事のこと)が減らないどころか、高く高くなっている感じ。
その割にはいつまで経っても貧乏なんですが。

でも、エントロピーの許容量が大きいのは、それだけ複雑さを内包できる、いわゆる器量が大きいということかな。
そういう人でありたいと思っています。
エントロピーの増大に耐性を持つ人=懐の大きな人。
内田樹さんが、そういう風なことを書いてあるのを読み、とても実感を持って納得しました。

大まかな流れとしては、自分の行きたい方向へと向いているので、良しとしたいと思います。
by first-nakatomi | 2007-09-23 22:41 | thinking

中臣 一 個展

日時 2007年11月14日~27日 12:00~19:00
場所 gallery K
http://www.gallery-k.org/artist.html

作家滞在日
11月14,17,18,23,27日

主にオブジェ。
作風変えました。

みなさんお気軽に遊びに来てください。
by first-nakatomi | 2007-09-23 22:19 | information

竹のかたち展 

日時 2007年11月20日~25日 10:00~18:00
場所 大分市 オアシス県民ギャラりー B1F

大分県在住の作家11人で展覧会を行います。
普段大分県内で、なかなか見ることがない公募展への作品を出品。
アジア竹文化フォーラムの活動の一環です。

出展作家:
生野徳三・山口龍雲・本田聖流・森上仁 (以上日展)
安倍基楽・梶原彩・梶原光峰・河野祥篁・岐部笙ほう・杉浦功悦・中臣一
(敬称略)



同時開催として、
「あしたをつむぐ竹 草月の花 展」
日時 2007年11月20日~25日 10:00~18:00
場所 大分市 オアシス・アトリウムプラザ


シンポジウムも
「現代における竹の美と用の可能性」
日時 2007年11月24日 15:00~17:00
場所 大分県労働福祉会館ソレイユ 7階カトレア
パネラー 
ロバート・コフランド (アメリカ・竹工芸研究家)
デワンカー・バート・ジュリエン (ベルギー・北九州市立大学準教授・空間デザイン)
井上正文 (大分大学教授・竹素材の工学的研究
山本耕平 (九州産業大学教授・家具インテリアデザイン)
by first-nakatomi | 2007-09-23 22:04 | information

Temporary Structure of Bamboo

「Temporary Structure of Bamboo
           ・・・・・竹と社会の新しい関係」

日時 2007年10月16日~21日
場所 大分市アートプラザ

BAICAと日本文理大学近藤研究室で展示会をします。
竹の仮設構造体を考案し、新しい竹の使い方を提案。
BAICAのプロダクト製品も展示します。

竹は素材としてみると、軽さ・強度・価格・入手可能性などの点でアドバンテージがあります。
特に大きな空間を作り出すときに、威力を発揮する素材です。
今回の展示では、誰にでも作ることの出来る、竹の構造体を提案することで、社会の中での新しい竹の使われ方を提案します。

どういうものになるかは、まだわかりませんが、面白くなりそうなことは確実です。
ぜひ、足をお運びください。
by first-nakatomi | 2007-09-23 21:42 | information