<   2012年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

職人編〜瓦工

屋根瓦の軒先が落ちかかっていたので、補修を依頼。
剥がして、補強材を入れて、敷き直し。
プロの瓦職人4人掛かりです。

赤い糸で水平を図りながら、作業されてました。
本職からすると当たり前かもしれないですが、きちんとしていますね。
a0103666_2053867.jpg

a0103666_206012.jpg

大人が見ていても飽きない仕事ぶりでした。
by first-nakatomi | 2012-05-31 21:04 | daily life

家の改装〜職人編〜

現在、竹田市の武家屋敷を改装してもらっています。
大工、左官工、瓦工、建具屋、畳屋、電気工、配管工、シロアリ駆除業者、掃除屋。

一軒の家を直すのに、こんなにも多くの人が関わっているなんて・・・。
改めて日本の家は職人で保っていることを痛感しました。
低予算の工事なので申し訳ないです。

畳屋さん。
古い家なので、平面を出すために新聞紙で微調整。
a0103666_19514342.jpg

a0103666_19521575.jpg

そういえば、畳は真っ平らが当たり前だと思っていましたが、
こんな細かい微調整があったとは初めて知りました。

あと、畳が部屋に合わせて、微妙に斜めにカットされていて驚愕。
隙間がないはずです。
さすがプロフェッショナル。
by first-nakatomi | 2012-05-30 19:39 | daily life

かぼすの花

今、庭のかぼすが花盛り。
ミツバチがぶんぶん飛んでいます。
今年は豊作ですね。
a0103666_2131293.jpg

by first-nakatomi | 2012-05-23 21:02 | daily life

ハイテク農機具

畦。
昔は鍬で手作業でしたが、今は畦塗機ですいすい。
さすが機械はきれいな仕上がりです。
a0103666_20491848.jpg

by first-nakatomi | 2012-05-22 21:01 | daily life

改良型 竹ブランコ

庭に竹のブランコを試作。
時期の悪い竹だと、どれくらいもつのか実験しています。
a0103666_22111895.jpg

結びは「ふた結び」を2回。
簡単な結びですが、かなりしっかりしています。
a0103666_2212018.jpg

改良型のひもはナイロン製の径12mm、6m×2本。
淡竹(本当は孟宗竹がよい)、長さ4,5mを13本使用。
構造は簡単なので、竹があれば誰でも出来ます。


これは以前試作した、ネパール方式の竹ブランコ。
高さは出ますが、構造的に不安定でした。
a0103666_2212505.jpg

by first-nakatomi | 2012-05-15 22:08 | works

改装前

改装のための片付け終了。
あとは、きれいになってくれるのを待つばかりです。
a0103666_21563130.jpg

縁側。
a0103666_21571815.jpg

昔は土間の台所。
a0103666_21575331.jpg

当たり前だけど、昔は網戸のない生活だったんですね。
虫対策が悩ましいです。
寝るときは蚊帳が必要だろうなあ。
by first-nakatomi | 2012-05-14 21:03 | daily life

ギャラリー日日

打ち合せの合間に、展示会をのぞきに行く。

「打つと曲げる 関島寿子とオット・バイヤーの仕事」
ギャラリー日日
http://www.nichinichi.com/ja/index.htm
a0103666_22151178.jpg

a0103666_2216121.jpg

黒竹の作品もありました。
巾を揃えたり、面を取ったり、厚みを揃えたり。
専門的な工程を経ない材料としての竹は、どうしても美しく見えなかったです。
木の皮や葛の作品は抵抗なく観られるのに、竹になるととたんに抵抗を覚えました。
竹の専門家だから、細部に眼が行き過ぎるのかもしれないですね。

逆に関島さんの造形は、竹工芸家には真似が出来ないです。
造形思考が、まったく異なります。
専門技術に捕われることのつまらなさを、照射されたような作品を見ると、
なんとも考えさせられる展示会でした。
by first-nakatomi | 2012-05-07 22:48 | thinking

上京

打ち合せのため日帰りで東京に。
たまになら都会に出るのもいいものですね。
a0103666_223228.jpg

by first-nakatomi | 2012-05-07 21:36 | daily life

移住

6月頭に、大分県竹田市に移住することになりました。
こんどの家は武家屋敷です。
築100年以上ですが、状態はいい方だと思います。

裏山が真竹の竹林ですので、竹工芸をするには最高の環境ですね。
a0103666_1346558.jpg

いまのお寺も、すごくいい環境で、なかなか離れがたいです。
by first-nakatomi | 2012-05-02 19:44 | daily life