<   2012年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

表札

表札がやっと掲げられました。
この家に住んでいるという実感が湧いてきます。
a0103666_22535966.jpg

by first-nakatomi | 2012-06-29 21:53 | daily life

陰翳礼讃

ようやく工房が整ってきました。
障子を通しての光は、やわらかくて気持ちがなごみます。
a0103666_22424912.jpg

a0103666_22432475.jpg

a0103666_22434712.jpg

a0103666_2244569.jpg
a0103666_22441864.jpg

by first-nakatomi | 2012-06-27 22:49 | daily life

弟子 募集

仕事アシスタントを1名募集します。

・30歳以下の、竹工芸の基礎技術を持つ人(男子優先)

・竹田市の当工房まで通える人(できれば竹田市に移住出来る人)

通勤日数、手当については応相談します。

希望者はEメールbamboo@h-nakatomi.comまで、履歴書をお送りください。
また、お問い合わせもメールにて受け付けます。
by first-nakatomi | 2012-06-25 21:37 | information

「現代の名工 廣島一夫の手仕事」展

少し先の展覧会ですが、青物(農家の竹籠)の巨匠の展覧会です。
廣島一夫さんは、御歳97歳!!

日時:2012年8月1日(水)~8月12日(日)
会場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(滋賀県近江八幡市)
http://www.no-ma.jp/information/dt_162.html

パンフレットを見ていて、青物をする若い後継者が増えているなあと実感。
究極の用の美で、地に足がついているところに強く魅かれるんでしょうね。
by first-nakatomi | 2012-06-23 20:18 | information

東洋のマチュピチュ

遠路からの来客の為、家をきれいに掃除。
随分きれいになりました。
日本家屋の室内光は、やわらかくて作品がとっても映えます。
a0103666_2249171.jpg

a0103666_22492524.jpg

ところで、お客さんに、「竹田の有名なものは何?」
と聞かれて、答えに窮してしまいました。

滝廉太郎、佐藤義美、岡城、久住の自然、長湯温泉・・・
魅力はいろいろあるけれど、若い人にもわかりやすい、
「これです!!」というものが思い浮かばなかったです。

でも、あとから考えると、やっぱり岡城でしょうね。
これからは
「竹田には、東洋のマチュピチュがあります!!」
と答えることにしましょう。
本当にすごい城趾です。
by first-nakatomi | 2012-06-22 21:47 | daily life

城下町

ようやく、家が落ち着いて気持ちに余裕が出てきたので、竹田の街を散歩。
中心市街地に人があまり歩いていないのに驚きます。

国道沿いの郊外のお店には、人がたくさんいるので、竹田市に活気がないということはないんですが、地方は車社会なので、つい車の寄り付きのいいところに人が流れてゆくのかもしれませんね。

でも歴史ある城下町だけあって、町中には絵になる風景がたくさんあります。
ほんの一コマ。
a0103666_2351372.jpg

by first-nakatomi | 2012-06-22 20:04 | daily life

竹の学校の変革

公立では日本唯一の竹工芸科が大きく変わります。
(正式名称は大分県竹工芸・訓練支援センター竹工芸科)

平成25年度から、定員10名に半減!!
ただし、期間が2年になります。
少人数、精鋭育成コースになりますね。
あと、年齢が39歳以下と制限がかかります。

本日「竹工芸科2年生に係る意見交換会」に竹業界関係者として出席。
大分県と竹産業界と、16名の出席者で、約2時間熱い議論が交わされました。

定員や期間の変更は、すでに決定事項ですので、主に今後のカリキュラムについて話し合いました。
盛り込みたい案はたくさん出されましたが、どのように指導してゆくかは、教える側の試行錯誤の連続になると思います。
人を育てるということは、一番難しい仕事ですから。

なお、旧別府産業試験所で行われている中堅技術者育成コースの今後の扱いについては、まだ未定だそうです。
学校が2年生になるのなら、3年生として位置づけかれるのか、無くなってしまうのか。
県の行政組織の管轄が異なるので、わからないということでした。

今後は竹産業界も支援して、より具体的にカリキュラムを組んでゆくことになりそうです。

しかし、出席者の中では一番年下でしたが、こういう場に自分がいることが、いつの間にか歳をとったんだなあと実感させられます。
by first-nakatomi | 2012-06-21 23:03 | information

居住スペース完成。

ようやく、家が落ち着いてきました。
前の家の半分の空間に、どう収納してゆくか頭が痛かったですが、
なんとか納まりました。

昔は台所が土間だったみたいで、公団型キッチンを入れると、
昭和な感じがすごく漂う空間になりました。
薪でご飯を炊いていたからか、柱と天井が燻されていい味が出ています。
a0103666_222244100.jpg

by first-nakatomi | 2012-06-18 21:21 | daily life

さようなら因乗寺。さようなら柚の木。

天井の高い、広々とした荘厳な空間。
見晴らしのよい眺望。
実のなる樹がたくさんの庭。
因乗寺は本当に良い仕事場でした。
4年間お世話になりました。
ありがとうございました。
a0103666_2284178.jpg

田舎なのに、すごく開放的な空気。
お酒の好きな、暖かい人たち。
手打ちそばと黒大豆で有名な集落。
柚の木ではいろいろと、本当にお世話になりました。
たまに遊びに行きますので、今後ともよろしくお願いします。
a0103666_2291783.jpg

by first-nakatomi | 2012-06-17 22:20 | daily life

引越し

ようやく新居が落ち着いたので、投稿を再開します。
少し時間がさかのぼりますが、引越しから。

モノはない方だと思いますが、荷造りするとあるもんです。
1つの作品を作る度に、補助道具を開発してゆくので増える一方。
工房が広かったので(約40坪)少なく見えてましたね。
a0103666_2159027.jpg

竹もかなり処分して、本当に良いものだけを厳選。
a0103666_21594036.jpg

理想は包丁一本でどこへでも、ですが現実に仕事をするにはいろいろ要ります。
by first-nakatomi | 2012-06-17 21:58 | daily life