<   2012年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

近況作品

もう少し肉付けして、完成度を高め、シリーズ化してゆきたい方法の作品。
「うねる」シリーズ
音楽性のある作品が作りたくて、細めの竹で動きを出しています。
a0103666_22364852.jpg

a0103666_22361778.jpg

「Prism, square 結界」
a0103666_22372192.jpg

by first-nakatomi | 2012-10-31 21:36 | works

最新作品

一番最新の作品です。
安定性を求めて、高台を付けました。
a0103666_22333968.jpg

a0103666_22335466.jpg

a0103666_22341027.jpg

自宅にて。
by first-nakatomi | 2012-10-30 21:31 | works

HP 改装中

5年ぶりにHPをリニューアル。
インターネット環境が、日進月歩で進んでいるので定期的に変える必要がありますね。
少しずつですが、充実させてゆきますのでお楽しみください。
制作は私ではなく、ITに詳しい従弟にお任せです。
a0103666_21531540.jpg

より大きい画面で見られるようにしました。
a0103666_21534548.jpg

by first-nakatomi | 2012-10-28 21:52 | information

竹工芸展の報告

別府聴潮閣でのアメリカの竹工芸コレクターのための展覧会。
会場は前日から設営準備。
なんとかかたちになりました。
a0103666_2137183.jpg

a0103666_21375164.jpg

短かったけれど濃い時間でした。
作品たちは、遠い所に旅立って行くのでしょうね。
a0103666_213862.jpg

前日に急遽お願いしたのに、駆けつけてくれた通訳ボランティアの皆さん、
そして高橋館長ありがとうございました。

この展示会の様子は、TOSの夕方のニュースで今週放映される予定です。
by first-nakatomi | 2012-10-28 21:35 | daily life

竹田の『竹楽』

13回目を迎える、竹田の明りのまつり『竹楽』。
2万本もの竹灯籠が城下町を灯します。

今年は、11月16(金)/17(土)/18(日)。
http://www.city.taketa.oita.jp/tikuraku/
a0103666_00012.jpg

竹灯籠を作る作業場を見学させてもらいました。
a0103666_04140.jpg

積み上げられた切断前の孟宗竹。
この山がいくつもありました。
a0103666_035042.jpg

山から切り出すのは、地元の土建屋さんや九電工など現場仕事に慣れた、
総勢80名のボランティア。
切断は土日を中心に、商店街のおじさんたち。
まつりの当日、竹を並べるのは、地元の中高生も含めた、これもボランティア。
地元のまつりに尽力される、その情熱に頭が下がります。

まだ観たことがないので、楽しみです。
私も少しお手伝いします。
by first-nakatomi | 2012-10-23 20:55 | daily life

別府竹工芸11人展 一般公開のお知らせ

毎年恒例になっている、アメリカの竹工芸コレクターツアーのための展示会を、
一般にも公開いたします。
時間は短いですが、お時間のある方はぜひご覧ください。


「別府竹工芸11人展」

10/25(木曜日)
一般公開時間 15:30~16:15
(時間が押す場合がありますがご了承ください。)

場所:高橋記念館聴潮閣(別府アリーナ向かい)

出展作家:安倍基・遠藤元・梶原彩・梶原光峰・岐部笙芳・森上仁・中臣一・
     杉浦功悦・渡辺勝竹斎・山口龍雲・油布昌伯
                     (アルファベット順、敬称略)

閲覧料:高橋記念館聴潮閣の入場料300円が必要です。

*一般公開について
今回の展示会は、日本の竹工芸作品を収集している方のための展示会ですが、質の高い作品を一同に観ることのできる貴重な機会ですので、一般の方にも広く公開することになりました。 竹工芸を学ぶ若い人たちが、様々な作品を見ることで、次世代を担う作家が生まれることに、少しでも貢献できればと思います。

「別府竹工芸11人展」実行委員会事務局
by first-nakatomi | 2012-10-22 20:44 | information

東京国立近代美術館工芸館

大学時代によく通った、皇居前の竹橋の近美工芸館に行く。
駒場の日本民芸館、上野の東京国立博物館とならんで東京で最も好きな場所。
東京とは思えない人の少ない静かな所です。
a0103666_2321471.jpg

企画展『現代の座標ー工芸をめぐる11の思考』
2012年12月2日まで
http://www.momat.go.jp/CG/newfooting2012/index.html
日本工芸の最先端がよくわかる展覧会。
日本の工芸が、現代アートに匹敵する力を持つということを認識させられます。
工芸だけれども工芸でないような、そんな魅力に満ちた作品ばかりでした。

ファイバーアートの関島寿子さんは言うまでもなく、
以前から気になっていた、漆の田中信行さん、磁器の黒田泰造さんの作品を初めて観られたのは、すごくうれしかったです。
田中さんの量感に驚き、黒田さんの精神性を帯びた器に見せられました。
やっぱり実際に観ないとわからないものです。

30代の七宝の武山直樹さん、ガラス人形の小田橋昌代さん、
ベテランの実力派金工作家の畠山耕治さんも必見です。
by first-nakatomi | 2012-10-22 20:20 | daily life

地下道

東京駅の地下道。
朝の通勤風景。
毎日すごいなあ。
地方に住んでいたら想像できない世界です。
a0103666_23174460.jpg

by first-nakatomi | 2012-10-21 22:17 | thinking

東京駅

久しぶりに東京へ。
きれいになった東京駅を見学。
本当に壊されなくてよかったです。
a0103666_2385258.jpg

a0103666_239859.jpg

正面の整えられた松が、いじらしいですね。
a0103666_2392484.jpg

駅の前は、ガードレールの迷路。
たぶん右翼の街宣車よけや、テロへの警戒からこうなったんでしょう。
駅とのすごいギャップで、エキセントリックな日本の感覚だなあと思います。
a0103666_23114282.jpg

駅の端。ここもギャップがすごいです。
a0103666_23162248.jpg

by first-nakatomi | 2012-10-20 21:08 | daily life

うつろひの美

作品を作っている時に、美しい一瞬がふと現れます。
そのままでは作品にはならないので留めることはないけれど、
うつろひの美しさは作る人だけがみられる特権です。
a0103666_2334064.jpg

by first-nakatomi | 2012-10-19 22:03 | open process