<   2013年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

竹工芸の魅力展

場所/東大阪市民美術センター
日時/平成25年2月2日〜3月3日
a0103666_2313474.jpg

http://www11.ocn.ne.jp/~ham/exhibition/index.html

大分県立芸術会館所蔵の竹工芸コレクションが、県外に披露されます。
主に江戸末期から昭和40年代までの巨匠の作品が並びます。
あまりないことなので、貴重です。
by first-nakatomi | 2013-01-28 21:10 | information

杉浦功悦個展2

作者の杉浦さんと作品。
a0103666_2344682.jpg

a0103666_2364645.jpg
a0103666_2363560.jpg

これだけの広い空間を、竹の作品で埋めるのは至難の業です。
併せて日本、台湾、韓国の杉浦さん所蔵籠コレクションも展示されています。
by first-nakatomi | 2013-01-26 23:04 | information

杉浦功悦個展のお知らせ

杉浦功悦 竹工芸展/日本工芸会正会員認定記念

場所/別府市中央公民館ギャラリー
日時/平成25年1月23日〜29日
9:00~17:00 (最終日は12:00まで)

今夏、銀座で個展予定の杉浦さんの、地元での展覧会。
幅広い作風で、観る人を飽きさせません。
作品がボストン美術館やメトロポリタン美術館にも収蔵予定。
必見です。
a0103666_22554449.jpg

a0103666_22561298.jpg

a0103666_22563141.jpg
a0103666_22564995.jpg

by first-nakatomi | 2013-01-26 22:48 | information

シャンデリア制作の断片4

制作も今日で一段落。
明日梱包して、レンタカーを運転して東京まで運びます。
安全第一。慎重に。

上部はこういう感じです。
実際の玉の数は倍の16個を周りに配置。
竹をしている人では、絶対ない形と組み合わせです。
ヨーロッパの吊り燭台のイメージだと思います。
a0103666_22272720.jpg

中田英寿さんの発案/プロデュース、森田恭通さんデザイン、
照明制作はヤマギワ株式会社さん。
本当に多くの人の力がないとできないシャンデリア。
金属塗装、施工、運搬にかかわる人を入れたら、
すごい人の力が結集しています。

これだけ大きくて精巧なものは、二度と作ら(作れ)ないでしょうね。
同じものを、同じエネルギーをかけて作ることは不可能です。
逆説的ですが、制作の大変さの無知が、制作に向かうエネルギーになります。
若者の無謀さのように、知らないからこそ挑戦できます。
一度体験すると、あまりにも不確定要素が多く、
細い橋の上をわたるような仕事は怖くてできないです。
by first-nakatomi | 2013-01-26 22:47 | open process

シャンデリア制作の断片3

制作も山場を超えて、仕上げ調整段階に入っています。

上部の櫛目。
これだけ大きいだけに、中間の仮止めをはずした時に形が保てるのかどうか。
一番心配する点です。
a0103666_22524868.jpg

a0103666_2253215.jpg

周りに配置する玉。
こちらも2重になっています。
16個の玉の大きさと、編みの密度を揃えるのが、難しい点ですね。
a0103666_22531375.jpg

さてさて、組み上げるとどうなるんでしょうか。
by first-nakatomi | 2013-01-23 21:52 | open process

シャンデリア制作の断片2

シャンデリアの上部がようやく形になってきました。

まず、幅2㎜/厚み1,5㎜のひごを3本束ね、黒い糸で2カ所縛ります。
a0103666_22132767.jpg

それを筒状にして、かがります。
(ここの方法は企業秘密。かなり応用範囲の広い技法を新発見!!)
一部の縁に、構造上、ゴムを使用。
a0103666_22134314.jpg

仮のかがり輪を入れます。
a0103666_22145447.jpg

立てて、さらに仮のかがり輪を増やします。
最後に全部取ってしまいますから、完成品では見えない作業です。
でも、櫛目をきれいに見せるために絶対に必要な工程。
内と外の二重の櫛目になっています。
実際に作るには、ものすごい手間のかかる仕事です。
by first-nakatomi | 2013-01-19 22:25 | open process

シャンデリア制作の断片

いろいろな作業が同時並行で進んでいます。

縁の材料。
今回は強度と厚みの制約から、一部の縁に鉄(焼き入れリボン)を使用。
そのままだと竹を傷つけるので、上に和紙を貼って黒漆を塗ります。
伝統的な技法「巻き縁」の技法を、和紙で応用しています。
a0103666_2262228.jpg

シャンデリアの下の部分。
型から抜くと、なんとも軽やかな籠です。
a0103666_227175.jpg

by first-nakatomi | 2013-01-19 22:01 | open process

下部の編み完成

制作が佳境に入っています。
完全にナチュラルハイ状態で制作しています。

取りあえず下部の編み完成。
表面の漆塗り、終えました。
a0103666_234312.jpg

竹工芸において、縁の処理はなんとも悩ましいものです。
今回は、綿のロービングヤーンというねじれない紐で処理しました。
a0103666_23431782.jpg

その上から和紙を貼って、漆で 固めます。
a0103666_23433220.jpg

寒い日が続くので、漆が乾きにくくて困りますね。
by first-nakatomi | 2013-01-16 22:42 | open process

製作中のシャンデリアのパーツ。

玉を2重に。
透かすときれいですね。

外側は透いているので、もう少し編み込みます。
a0103666_21363059.jpg

by first-nakatomi | 2013-01-11 20:36 | open process

型の編み

シャンデリアの下部を製作中。

まず、平編みをつないで筒にします。
大きいので大変。
a0103666_21322356.jpg

そして、型に入れ、編みつけます。
編む、目を詰める、の繰り返し。
a0103666_21324568.jpg

by first-nakatomi | 2013-01-10 21:33 | open process