<   2013年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

岡城桜まつり大名行列

竹田の城下町を練り歩く、大名行列を見学。
初めて見ましたが、結構本格的ですね。
a0103666_0164352.jpg

アレックス・カーさんではないですが、もっと街の景観が良くなるといいのになあ。
by first-nakatomi | 2013-03-31 22:45 | daily life

竹田姫だるま2

一番大きな姫だるまは、この家に古くからあるもの。
今(手前右)とはかなり違います。
a0103666_23405723.jpg

ちなみに手前左は愛媛の姫だるま。
地方地方でいろいろあるもんですね。
by first-nakatomi | 2013-03-31 21:38 | daily life

竹田姫だるま

友人に竹田の「姫だるま」を頂きました。
地元の家庭円満のお守り。
これは、なかなか手に入らない幻の1号サイズです。
a0103666_23313174.jpg

後ろは宝珠の文様が描かれています。
a0103666_2332552.jpg

by first-nakatomi | 2013-03-27 21:31 | daily life

ランディ コレクション展

日本で最大の竹コレクターの一人、トラビスさんのコレクション展です

とちぎ蔵の街美術館
ランディ コレクション 近代竹工芸の誕生

2013年4月13日~6月2日

かつて実用品とみなされていた竹工芸は、栃木市出身の飯塚鳳斎(二代)と琅玕斎によって、創造的な近代工芸の領域にまで高められました。唐物籠の伝統を受け継ぎつつ、古典的意匠に近代的な洗練を加えた二代鳳斎。新たな技法の数々によって、古典を超える独自のモダンで洒脱な作品を生み出した琅玕斎。この二人によって導かれた近代竹工芸への展開を、今回が初公開となるランディ コレクションからの紹介。
by first-nakatomi | 2013-03-24 21:57 | information

修了作品展

第40期 大分県竹工芸訓練支援センター中堅技術者養成指導(長い名前!)
の生徒修了作品展のお知らせ。

2013年3月20〜31日(月曜休館)
別府市竹細工伝統産業会館
0977-23-1072

竹工芸を2年間学んだ生徒5人の修了作品展です。
by first-nakatomi | 2013-03-17 21:00 | information

竹のアートコンペ

竹工芸を専門的に扱っているタイギャラリー(米国)が新人発掘のために竹のコンペを行いますので、ご紹介します。
詳しい応募要項、応募用紙をご希望の方は、中臣(bamboo@h-nakatomi.com)までご連絡ください。
メールにてお送りします。

応募要項
タイギャラリー主催「Emerging Bamboo」展コンペティション
アメリカで、あなたの作品を発表できるチャンスをつかみませんか?
私どもタイギャラリーは、過去15年間にわたり、日本の竹工芸作品をアメリカの美術館学芸員、コレクターの方々に紹介している世界で始めての竹芸を専門的に取り扱う美術画廊です。15年前には、米国で誰も竹芸作品のことは知らない状態でしたが、今では、全米に多くの竹芸を収集する個人コレクター、そして、重要な美術館が所蔵するようになり、日本以上に多くの方々が、その魅力に取り付かれています。
私どもでは、多くのコレクター、美術館関係者との繋がりをいかし、新たな作家の方々を紹介すべく、今回のコンペを企画いたしました。この機会に是非アメリカで作品を紹介できるチャンスに挑戦してみませんか?

コンペ概要
【応募作品について】
・ 作品のテーマは、特になし。
・竹を素材とした作品(他の素材との融合でも可)。
・平面・半立体・立体を問わず、ギャラリーでそのまま展示可能な作品。
・実用性の有無を問わず。また、新作・旧作も問わず。
・応募者が制作した作品であること。
・作品のサイズは、1メートル立法を超えない大きさ。
・ 当コンペは、プロ作家又はプロ志望の方の為のものです。

【応募資格】
・年齢18歳以上

【審査方法、応募方法、応募締め切り日】
・ 審査は、写真にて行います。
・ 応募方法は、作品の写真と記入した応募用紙と共に、E メールか郵送にて下記宛にお願いします。
・ 締め切りは、2013年5月1日着。
E メールで応募の方は下記へお願いします。
ai@taigallery.com

【応募料】
・2500円(4点まで一律の金額)

【入賞】
・2013年5月31日(金)から6月22日(土)まで、タイギャラリーにて
「Emerging Bamboo」展での作品の展示及び販売を行います。
作品は、展覧会会期中お客様に紹介するのみならず、会期中に作品が販売できなかった場合ても、その後、1年間タイギャラリーが、引き続き、コレクター、美術館 関係者へ作品の紹介を行います。尚、会期中に販売が決まった作品は、会期終了後、 お客さまへ発送し作家へお支払いします。
・副賞として「Bamboo Masterworks」by Lloyd Cotsen(限定出版800ドル相当を進呈します。

【入選】
・2013年5月31日(金)から6月22日(土)まで、タイギャラリーにて
「Emerging Bamboo」展での作品の展示及び販売を行います。

【審査員と審査結果の発表方法】
・デビット・ハルパーン(ギャラリー代表)
・エバレット・コール(アート・ディレクター)
・スティーブ・ハルバーソン(コレクション・マネージャー)
・ロバート・コフランド(竹工芸研究家)
by first-nakatomi | 2013-03-15 22:01 | information

雑誌掲載

Discover Japan 4月号に、シャンデリアが掲載されました。
この雑誌が一番わかりやすく、REVALUE NIPPON PROJECTの活動を紹介してくれています。
参加した自分でも、ふむふむ、と読みました。
by first-nakatomi | 2013-03-14 21:48 | information

個展のお知らせ

寡作なので、久しぶりの個展です。

竹芸家 中臣 一 展
「新しい竹のかたちを求めて」

(項目 Selected Solo Exhibition の more information をクリックするとDMが現れます)

場所 桜ショップ銀座店
日時 4/20~30日
在廊日 4/20,21,22,28,29,30日
スライドトーク 在廊日の14:00~
オープニングパーティー 4/20日 17:30~19:00

期日が迫って来て、大わらわです。
by first-nakatomi | 2013-03-12 21:45 | information

個展の作品制作。

個展が迫っているので,作品制作に追われています。
試行錯誤中。
a0103666_23544445.jpg

a0103666_2355136.jpg

基本の8の字のパーツ。
a0103666_23542869.jpg

by first-nakatomi | 2013-03-11 21:53 | works

夢のあと

自宅にアレックス・カーさんと、白洲信哉さんを招いての宴のあと。
竹灯籠のほの暗い光の中、夢のような時間が過ぎてゆきました。
a0103666_23345286.jpg

興に任せての書。
左から、竹田市長、草刈樵峰(書道家)、アレックスさん、草刈さんの書。
a0103666_23351642.jpg

竹田市長、竹田在住のアーティストたち、準備の市職員、報道関係者とカメラ。
本当は、竹田には文人風な静かな宴が似合うんですが、
あふれんばかりの人で、祭りのような晩餐会でした。
by first-nakatomi | 2013-03-10 21:29 | daily life