<   2013年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

第30回 竹田薪能

9月28日(土)に『竹田薪能』が開催。
稲葉川に水上舞台が作られ、夕闇の幻想的な能を見るのが、今から楽しみです。

・素謡【翁】塩津 哲生
・狂言【寝音曲】山本 則俊
・能 【鵜飼】 塩津 圭介
・仕舞【花筺】佐々木 多門


『竹田薪能を楽しむための能楽講座』
喜多流能楽師塩津圭介さんの
能楽をわかりやすく解きほぐすワークショップです。
こちらもお勧め。
日時:9月14日(土)
   第1部「能楽ってなあに?」13:30〜15:00
   第2部「竹田薪能の魅力」19:00〜20:00
場所:塩津清人記念能舞台(竹田市向丁)
参加費:無料
問い合わせ先:竹田創生館 0974-62-4100
by first-nakatomi | 2013-08-30 12:20 | information

夏水仙

庭に夏水仙が咲いていました。
ヒガンバナ属だけに、早くも秋の気配が漂ってきています。
朝晩はずいぶん涼しくなりました。
a0103666_23152067.jpg

by first-nakatomi | 2013-08-17 23:14 | daily life

精霊流し

竹田市内を流れる稲葉川で精霊流し。
そういう風習のないところで生まれ育ったので、驚くばかり。
a0103666_23142830.jpg

生活の中に川が溶け込んでいて、とても風情があります。
a0103666_23384571.jpg

初盆の家は花火を盛大に。
a0103666_2315197.jpg

初盆の灯籠船には、故人にちなむ飾り付けをするそうです。
花が好きな故人には、花をあしらい、
果物が好きな故人には、好きな果物を供えます。

先祖を大切にする地域は、治安もいいと思います。
小さい頃から先祖供養をしていたら、悪いことできないでしょうね。
by first-nakatomi | 2013-08-15 22:13 | daily life

本間秀昭 竹芸展

2013年8月20日〜9月1日(8/26 休日)
作家在廊日 8/20,24,25,31, 9/1

場所 新潟市朱鷺メッセ万代島ビル2F アートギャラリー万代島

新潟県佐渡島の竹工芸家 本間秀昭さんの個展です。
海外の美術館にたくさん作品が収蔵されていますので、
作品が拝見できる貴重な機会です。
by first-nakatomi | 2013-08-11 22:01 | information

陶季の夏展+日野明子のひとり問屋展

熊本県阿蘇市のギャラリー「etu」で展示会開催中。
熊本市のギャラリー「陶季」と「etu」の共同企画です。

2013年8月2日〜9月1日(水・木 定休)
11:00~18:00
場所 阿蘇神社すぐそば

とてもお世話になっている、クラフトバイヤー日野明子さんが、
日本中から選んだ、現代ものが並んでいます。
どれもお手頃価格で、日本の手仕事の質の高さを感じられます。

a0103666_2131177.jpg

a0103666_21312079.jpg

a0103666_21311169.jpg

長崎の陶芸家のスリップウェアー。
文様が粋で、衝動買いをしそうになりました。
a0103666_21315215.jpg

by first-nakatomi | 2013-08-11 21:28 | information

セミ

a0103666_22212871.jpg

家の至るところに、セミの脱け殻が。
足の先まで綺麗に脱皮しているさまは芸術品です。
煎じて飲めば薬になりそうな気がします。
しませんが。
by first-nakatomi | 2013-08-07 21:21 | daily life

イノシシ大暴れ

a0103666_221706.jpg

朝起きると、家の前の空き地が、イノシシに荒らされていました。
大好物のミミズがたくさんいますからね。

軒下に瓜坊が2匹入っていくのを発見。
完全に通り道になっています。
by first-nakatomi | 2013-08-06 22:16 | daily life

白水ダム

日本一美しいといわれる「白水ダム」へ涼みに。
国の重要文化財、別名「森の貴婦人」。

表層の石段が、水の流れに陰影を与えています。
a0103666_22102919.jpg

左の曲線もまた美しい、、、。
a0103666_2211155.jpg

重要文化財ですが、見学者は誰も居ず、一人占めの贅沢な時間。
a0103666_22111768.jpg

by first-nakatomi | 2013-08-03 21:21 | daily life

夏の漆塗り

あまりの暑さなので、冷房のある場所を借りて漆塗り作業。

漆は、温度20度・湿度80%が乾く最適条件。
夏は乾燥条件がいいので、乾きすぎて、塗った端からべとついてしまいます。

漆を保冷剤で冷やしたり、冷房をかけて乾きを遅くすることで、
塗りやすく工夫しています。

漆室(ムロ)
a0103666_23291175.jpg

by first-nakatomi | 2013-08-01 22:28 | open process