<   2013年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

8の作品

いつもいくつか並行して制作していますが、こちらは海外向け制作途中の作品。
すべて「8」のパーツで構成。
この1年は、縁起のいい数字「8」で、作品制作しています。
a0103666_2228372.jpg

世界中でテロや殺人、災害など不幸なニュースが多いので、
なおさら縁起の良いものを求める気持ちが強くなります。
by first-nakatomi | 2013-09-24 21:26 | open process

大分の竹芸展 in USA

米国TAI GALLERYにて行われた、大分の竹工芸に焦点を当てた展覧会
a0103666_20544533.jpg

a0103666_205551.jpg
a0103666_20552591.jpg


a0103666_20553963.jpg

とても展示空間が落ち着いていて、地元で見たのとは全く違って見えます。
展示の仕方で、同じ作品がこれほど違って見えるとは。
丸い展示台も洒落ていて、すてきです。

作品展示の仕方は、日本はまだまだですね。
by first-nakatomi | 2013-09-23 20:48 | information

季節はすっかり秋。
我が家の朝晩は寒く、すでにコタツと毛布を出しました。

岡城趾での観月祭、木陰からの満月。
a0103666_22155978.jpg

彼岸花も満開です。
自然のものは、どうしてこうも美しいんでしょうね。
わざとらしさがないので、ずっと眺めていても飽きないです。
a0103666_22161454.jpg

器---若杉聖子 作
by first-nakatomi | 2013-09-21 22:16 | daily life

竹田薪能の舞台

いよいよ迫ってきた『竹田薪能』(2013年9月28日)。
舞台設営も着々と進んでいます。

川の上流に堰を作り、舞台を設営しています。
設営後は、下流にも堰を作り水かさを上げます。
こうすると水に浮かんだ舞台が出現。
a0103666_21352846.jpg

a0103666_21354243.jpg

たった1日の能楽のために、こんな大掛かりな工事をしているとは驚きました。
(写真は薪能実行委員会の方の撮影です。)
by first-nakatomi | 2013-09-19 21:34 | daily life

焼き漆

広島県三原市で漆工芸をされている、田代さんご夫妻が来工房。
田代昭夫さんは、竹編みと漆を組み合わせて作品を作られています。

漆の乾きの調整法を教えてもらいました。

「焼き漆」
漆を加熱し乾きを遅らせる方法。
茶碗一杯分の漆から、カレースプーンに漆を8〜9分目ほど移し、ライターでふちに泡が立つまで熱します(泡が立ち始めたら火を止めてください)。
熱した漆は乾かなくなっているので、茶碗の漆と混ぜると全体の乾きが遅くなります。
様子をみながら、焼き漆の割合を増やしてください。
乾きが遅いと縮みにくく、また垂れもよくなるので、厚塗りもしやすいです。
by first-nakatomi | 2013-09-15 19:35 | open process

ぽん吉、ぽん太、ぽん助

近頃、家の周りに狸の兄弟がウロウロ。
軒下が休憩場所になっているようです。
a0103666_2223521.jpg

by first-nakatomi | 2013-09-11 22:01 | daily life

武雄市立図書館

佐賀に行くついでに、話題の武雄市立図書館に寄る。
TSUTAYAが運営している市立図書館ですが、本当に良い空間でした。
開放感がすばらしくて、毎日でも通いたくなります。
a0103666_212858.jpg

本の貸し出し、販売、DVDレンタル、カフェ。
複合的な文化施設ですね。
地方に住んでいると、こういう空間に飢えてきます。
新竹田市立図書館も、こんな風になればいいのになぁ。
a0103666_21282312.jpg

by first-nakatomi | 2013-09-09 21:27 | daily life

8シリーズ

「8」のパーツを一回り小さくして、毛糸を使わない方法で試行錯誤中。
パーツの縮小比率は、80%だと小さくなりすぎるので,90%に決定。
それでも、見た目は70%ぐらいに感じるから不思議です。
a0103666_22433267.jpg

by first-nakatomi | 2013-09-06 22:35 | open process

花材隠しの籠2

指人形のような。
a0103666_22292628.jpg

注文は1つだけでしたが、せっかくなのでまとめて作りました。
来月の「竹田ふらく」に出品します。
a0103666_22294068.jpg

作り方は、胴体と縁を分けて作り、合体させます。
胴体の底は六ツ目編み。
a0103666_2230664.jpg

by first-nakatomi | 2013-09-05 22:29 | works

花材隠しの籠

知人からの注文、花材プラスチックケースを隠すための籠を制作。
プラスチックの安っぽい素材感を、隠すためです。
a0103666_21451934.jpg

こんな風に使います。
a0103666_21462932.jpg

by first-nakatomi | 2013-09-03 21:44 | open process