<   2014年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

東京巡り

せっかくなので、東京散策。
本日は「東京駅 Station Gallery → 明治神宮 → 日本民芸館」のコース
a0103666_23102834.jpg

a0103666_23104717.jpg

Station Galleryは『British Council Collection』展、現代アートの動向確認。
日本民芸館は『茶と美』展、「秋草文白磁壺」何度見ても名品です。

人が多いので好きになれないけど、美術館巡りは東京ですね。
by first-nakatomi | 2014-01-31 21:09 | daily life

打ち合せ

竹シャンデリア製品化の打ち合せに東京へ。
一緒に仕事を進めている㈱YAMAGIWAさんのビルから、東京タワーが間近。
a0103666_238277.jpg

東京に来たという実感が湧きます。
by first-nakatomi | 2014-01-30 23:03 | daily life

シャンデリアの製品化

昨年製作した竹のシャンデリアの反響が大きくて、製品化にむけて試作中。
小さいサイズで、シンプルに製作しています。
a0103666_22135414.jpg

遠い昔のように感じますが、1年前のことなんですね。
by first-nakatomi | 2014-01-29 21:13 | works

色気のあるかたち

網戸用の網を触っていたら、自然に造形ができあがりました。
足を絡ませているような、なんとも色気のある網です。
a0103666_2273954.jpg

二重皮膜で、やわらかい作品が出来そうな予感がします。
日常生活のいたるところに美が。
by first-nakatomi | 2014-01-27 22:06 | open process

名刺つくり

工房を移したので、名刺に携帯番号をスタンプ。
人間の手を使うと、無機質な数字に味わいが出てくるのが不思議です。
a0103666_044129.jpg

by first-nakatomi | 2014-01-23 22:03 | daily life

ブレスト

工房に黒板があるので、助手とブレインストーミング。
なんだかんだと話し合いながら、作り方を考えています。
a0103666_22273921.jpg

by first-nakatomi | 2014-01-21 21:27 | open process

初舞台

本日、お能の初舞台。
福岡県みやま市で「紅葉狩り」の一節を舞ってきました。
喜多流九州哲門会の仕舞の会。
a0103666_22575531.jpg

小学生から80歳以上の方まで出演されていて、
真剣に打ち込める趣味があるのはいいもんです。

金も時間もないけれど、工夫しながら続けていきます。
竹田には能舞台があり、環境に恵まれているので習わない手はないですね。
絶賛生徒募集中です。
by first-nakatomi | 2014-01-19 23:04 | daily life

透かし編み

助手が透かし編みの試作を持ってきてくれました。
美しく透かすには、かなり大変な仕事です。
編みにも性格の向き不向きがありますね。
a0103666_22501878.jpg
a0103666_2250512.jpg

これを立体にするには、さらに難易度が上がります。
by first-nakatomi | 2014-01-19 22:49 | open process

竹の天日干し

福岡から竹を仕入れました。
まだ青みが残っているので、工房で天日干ししています。
a0103666_2240986.jpg

大分県内の竹を主に使っていますが、
九州で一番綺麗な竹を作っているのは福岡県杷木町の竹材屋さんです。

竹材屋さんも高齢化と後継者不足で、先行き不透明。
いずれは自分で竹を作る(油抜きして天日で干す)日も遠くないかもしません。
でも、自分1人でできることは限られているので、
安心して製竹を任せられるうちは任せたいと考えています。
by first-nakatomi | 2014-01-17 22:39 | open process

dpi について

竹のブログに似合わない印刷解像度の用語解説を一席。
これからの竹職人にも必要な知識です。

雑誌出版社などに、
『作品写真は350 dpi 以上でお願いします。印刷はB5サイズです。』
などと普通に求められます。
普通の人には、何のことやらで、戸惑うばかり。
とりあえず大きなサイズの写真を送るというのでも、何とかなりますが、
念のため写真の解像度を確かめることをお勧めします。


<解説>
350 dpi = 350 dot per inch のこと。
つまり、1inchi 1辺に350個のドットが並んでいるということ。

もし写真印刷面が、B5サイズ(7.17 X 10.12 inchi)の場合だと、
(350 X 7.17) X (350 X 10.12) = 約888万画素 以上の
解像度を持つ写真が必要になってくるわけです。

高級写真集だと、600dpi以上を求められますし、
印刷面が大きいポスターに印刷するなら、相当大きな解像度が必要です。
そうでないと、滑らかで綺麗な写真になりません。

このようにプロが大きなカメラを持つ理由が、解像度の面からもわかります。
by first-nakatomi | 2014-01-13 22:31 | information