<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

竹田総合学院

工房を借りている旧竹田中学校が、4月17日に「竹田総合学院」として生まれ変わります。

主な活動は
1、若手作家への貸し工房
2、アートホール
3、アーティストレジデンス施設(芸術家が滞在して作品制作をする場)

現在、竹田在住の作家「オレクトロニカ」がアート空間を制作中。
a0103666_213547.jpg

by first-nakatomi | 2014-03-31 21:02 | information

ベルトサンダー

消費税増税前に、思い切って念願の木工機械を購入しました。
ベルトサンダー。
ちょっとした加工に重宝します。
a0103666_20415861.jpg

今までは、別府まで機械を借りに行っていましたが、これで往復する時間が節約できます。
by first-nakatomi | 2014-03-30 20:41 | open process

漆の室

ひごをそのまま拭き漆をして乾かせるように、室をこしらえました。
これで、400本が一度に乾かせます。
a0103666_23301386.jpg

シャンデリアの量産化に向けての布石です。
by first-nakatomi | 2014-03-29 22:29 | open process

図書館調査

竹田市城下町再生プロジェクト図書館部会委員に任命されたので、近くの臼杵市立図書館に行ってみました。
街の中心部に有り、立地条件はとてもよいですが、蔵書内容が少し古いようで、
あまり人はいなかったです。
a0103666_2324511.jpg

竹田の図書館も建て替えても、本の購入予算は確保することが、来館者増への必須条件ですね。
by first-nakatomi | 2014-03-28 23:24 | daily life

佐伯壁画プロジェクト

佐伯の長門記念病院での壁画プロジェクトに参加。
(地元出身の壁画家・佐倉康之さん指導)

地元幼稚園児の描いた絵を元に、大人たちがフラスコ画風に仕上げました。
結婚記念に、永く残る縁起のいいプロジェクトに参加しました。
a0103666_7545231.jpg

多色の上に漆喰を塗って下地を作り、線を搔き出しています。
ものすごいボランティアの数と、エネルギー。
a0103666_7551882.jpg

元になった、ルンピニー幼稚園児の絵。
a0103666_85338.jpg

完成した絵を、また見に行きます。
by first-nakatomi | 2014-03-24 07:53 | daily life

すいちょん竹田博覧会

長い歴史を刻んだ竹田幼稚園で、小さな博覧会が開催。
幼稚園は移転し、竹田図書館が建ちます。

東京大学が竹田で行った4年間のフィールド調査の研究発表。
井路の調査から、中世からの水利の広がりがわかります。
地形の険しい地域だけに、重層的に積み重なっています。
a0103666_7434235.jpg

各地域の紹介コーナーと共に、わらじ体験も。
東大の先生がわらじを編んでいました。
a0103666_744798.jpg

by first-nakatomi | 2014-03-20 07:42 | daily life

目出鯛

大分県日出町(ひじまち)の友人から、結婚祝いに鯛を頂きました。
a0103666_736409.jpg

刺身、塩焼き、お吸い物、リュウキュウ(大分の郷土料理)、、。
鯛づくしの日々でした。
by first-nakatomi | 2014-03-14 07:39 | daily life

結び

ご注文の花籠を、少しずつ制作しています。
茶花用の花籠ですが、せっかくなので新しい要素を取り入れようと思い、
結びを飾りに入れることにしました。
縁の処理をどうするか、現在思案中。
a0103666_21191950.jpg

いいアイデアが思い浮かばないので、少し遊んでみました。
a0103666_21195532.jpg

by first-nakatomi | 2014-03-09 21:25 | open process

展示会のお知らせ

2014年3月20〜30日(月曜休)
別府市竹細工伝統産業会館

『6人の竹しごと。』展
大分県竹工芸・訓練支援センターの修了作品展。
41年間続きましたが、これが最後の中堅技術者養成指導課程の卒業生。
私も学んだ課程で、修了作品展を始めたものとして感慨深いです。

同時開催
『赤・白・青』展
同じく大分県竹工芸・訓練支援センターの貸工房の人たちの作品展も。
by first-nakatomi | 2014-03-07 22:20 | information

道具

先輩竹工芸家の工房を訪問。
さまざまな刃物を見せてもらいました。
材質・重さ・薄さ・長さ、それぞれに特長があり、使い分けているそうです。
a0103666_23211229.jpg

籐かがりで使うくじりも、傘を加工した手作りです。
持ち手は、市販の銅管。
a0103666_23214278.jpg

by first-nakatomi | 2014-03-03 21:21 | open process