<   2014年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

準備着々

普段はがらんとした、竹田総合学院ロビーが講演会場に。
8月3日が楽しみです。
a0103666_034427.jpg

by first-nakatomi | 2014-07-31 22:33 | daily life

エアコン

漆部屋にエアコンを設置。
6年ぶりに涼しい風を体感しています。
a0103666_026736.jpg

夏場に漆を塗ると、乾きが早すぎて仕事に支障がでます。
毛穴も開いているので、かぶれ易いですからね。

広い工房スペースは、当分季節を感じながら仕事をします。
窓を開ければ風通しはいいので、ぼちぼち快適です。
by first-nakatomi | 2014-07-30 21:24 | daily life

玉虫

工房の前に、玉虫が。
そのまま通り過ぎようと思いましたが、あまりの綺麗な色にしばし眺めました。
a0103666_23394887.jpg

a0103666_2340868.jpg

ひっくり返っていたので元に戻してあげると、写真を撮らせるかのように静止。
ゆっくりと優雅に飛んでゆきました。

たぶん初めて玉虫を見た日。
by first-nakatomi | 2014-07-25 21:39 | daily life

REVALUE NIPPON PROJECT 2014 in 博多

昨年私も参加しました『REVALUE NIPPON PROJECT CHARITY GALA』。
日本の伝統工芸を新しい視点で提示する、中田英寿さんが主催するプロジェクトです。

今年は観客として気楽な気分で出席。

テーマは "型紙"。
(着物などに型染めするための、柿渋で固められた和紙を刳り貫いた型紙。伊勢型紙など。)
かなり渋いテーマですが、日本の伝統工芸の危機を象徴するような分野です。
1000年の歴史があるのに、現在20人しか制作者がいませんから。
型紙の世界を復興させることができたら、あらゆる日本の伝統工芸に希望があふれます。

華やかな会場。
日本にも上流社会があるんでしょうね。
a0103666_22502129.jpg

竹田市文化会館を設計するかもしれない、妹島和世さんのチームの作品。
型紙をそのまま使用した、球体の照明。
a0103666_22505929.jpg

白洲信哉さんのチームの作品。
日本と英国の伝統を融合した自転車。
a0103666_22512216.jpg

中田さんと深沢直人さんのチーム作品。
お二人とも山梨県出身ということで、
甲州印伝細工(鹿革に型紙を通して漆を置く伝統技法)の箱です。
箱は桜製作所さん制作。
a0103666_22513968.jpg


違う分野の人が集まり制作することで、未来の新しい方向性を探る試みですが、
型紙の存在を多くの人に知って頂くことだけでも意義の深いプロジェクトです。

型紙そのものでは自立しないので、ほとんど忘れ去られた分野だけれど、
日本の美意識が集積した工芸だと感じました。
by first-nakatomi | 2014-07-20 21:47 | daily life

素数の音楽 3.11.97

素数をテーマに据えて作品を作っていましたが、まずは1点完成
幅3㎜、11本の竹ひごを束ね編みし、97束使用。

もう少し、イメージを整理して作る必要があるなあと反省。
複雑で難しいからといって、よい作品とは限りません。
a0103666_20305756.jpg


素数は現在のセキュリティーシステムの核になっていますので、
解けない法則性を出したつもりですが、少しこんがらがっています。
by first-nakatomi | 2014-07-17 20:29 | works

先着300名様

竹田総合学院で公開セミナー&トークセッションのお知らせ。

『竹田における”アーティスト・イン・レジデンス”の可能性』
2014年8月3日
15:00~17:30
アレックス・カー×白洲信哉×茂木健一郎

問い合わせがすごくて、定員が300名になりました。
茂木健一郎さんの知名度のすごさを感じます。

竹田には、コアな来訪者が多いですね。
by first-nakatomi | 2014-07-11 21:40 | information

照明完成

上部を密、下部を粗にして完成!
バーバパパというよりムーミンの顔のような照明になりました。
a0103666_7262711.jpg

写真では撮影できませんが、実物はもう少し有機的です。
by first-nakatomi | 2014-07-07 07:31 | works

照明

友人宅の特注照明。
形ができあがりつつあります。
バーバパパというよりは大きな卵といった感じでしょうか。
a0103666_13194394.jpg

ベースは針金でかたち作り、編み進めながら針金を抜いてゆきます。
フォルム重視なら竹ひごは薄め、表情重視なら厚めの竹ひごで。
a0103666_13201267.jpg

by first-nakatomi | 2014-07-03 13:18 | open process