漆の仕上げ方

また専門的になりますが、
竹籠への漆の仕上げ方法をご紹介。

塗り方
1、布で刷り上げるーー編みがフラットな網代系統
2、刷毛で塗るーー編みに凹凸があるもの

最終のつや出し
1、イボタの花(蝋成分)でつや出し
2、ブラシでこする(豚毛か馬毛)

の組み合わせは4種類。
籠に陰影や表情を出したい時、ホコリを入れたり、研ぎ出したりすることもあります。

*応用として、ひごの段階で漆を一本一本塗る場合もあります。
 これは櫛目編みなど、籠が完成してから綺麗に塗るのが難しいときに使います。
 (私の作品「月韻」「涼韻」などがそうです。)

*イボタの花 500g 7,500円税別 大阪の小城製薬株式会社 06-6231-1803
 500gあれば何十年もつ量です。
 使うときは、布にくるんで擦ります。
 

要点
・漆は編み目にたまると汚れたようになるので、毎回必ずブラシをかけること。
(ブラシがけすることで漆が均等にのびます。)
(ブラシでひたすらこすると艶も出ます。)

・籐は艶が出にくいので、多めに漆を塗ること。
(初めに籐に漆を塗り、竹部分を塗り、最後にまた籐に塗る。)

・溶剤との比率は、やや薄め。漆:溶剤=4:6ぐらい。
(気温が高いときにSテレピンを使用する場合は、揮発が激しいので漆の濃さにいつも注意を払うこと。)

・脂性の人は要注意
(手油の付いた部分がなかなか乾かないことがあります。特に籐かがり部分。
 ハンドクリームも注意。
 締め切りがあり時間がないときには本当に困ります。
 漆を塗る前に、テレピンで籠を拭くと安心です。)
 
a0103666_21182299.jpg

主に使うブラシはこの4つ。
左から、馬毛・豚毛・豚毛・馬毛。



「ホコリについて」
ホコリは籠を古めかしく見せる効果、陰影や表情を出す効果があります。

ホコリの調合
・主材 砥の粉(赤、白)、胡粉
・副材 油煙、弁柄、緑青、藍

主材が5割〜7割、残りは副材。
砥の粉か胡粉に、油煙を混ぜ、色の好みで弁柄や緑青を入れます。
砥の粉と弁柄は、目の細かいふるいでふるう。

ラーメンのだしと同じで、調合は人によって本当に様々です。
試しにいろんな粉を混ぜてみても楽しいですよ。
顔料を入れても面白いと思います。

藍を使う場合は、胡粉と藍をお湯で混ぜます。
その後天日で乾かし、固まったホコリを粉々に砕きます。
それから、ふるいでふるって使用します。


ホコリを入れる流れ
乾式 1回目の漆→ホコリを入れる(→余分なホコリをテレピンで拭き取る)
                         →室で乾燥→2回目の漆
湿式 漆とほこりを混ぜる→出来た泥ホコリを塗る→余分なホコリをテレピンで拭き取る
                         →室で乾燥→2回目の漆

乾式の場合、ホコリを刷毛ではたいて入れたり,布にくるんで叩いたりします。
ホコリは編目の間に入れるものなので,ひごの表面にあまり付きすぎると単なるホコリだらけの籠になってしまいます。
静岡の竹作家 長倉健一さんのように意図的に泥だらけにする人もいます。
 


「研ぎ出しについて」
ホコリと同じく、染色した籠に表情を出す技法です。

染色を2段階で行い、研ぎ出して1段階目を出す場合、
染色を1段階で行い、研ぎ出して竹の生地を出す場合、
染色をし、漆を一回塗り、研ぎ出す場合もあります。

技法的にはシンプルで、石粉・クレンザー・耐水ペーパー等で研ぎ出します。


研ぎ出しの流れ
染色→研ぎ出し→漆
染色→漆→研ぎ出し→漆


問題点
竹の場合、染色しても日光で退色するので、研ぎ出した部分がわからなくなる恐れがあります。
天然染料の染織の場合がそうですが,ユニクロのTシャツじゃあないんだから、色というのは落ちた風合もまたいいという考え方もあります。


以上、漆を使った竹籠の仕上げ方法でした。
# by first-nakatomi | 2010-03-03 23:48 | open process

漆と溶剤

今日は竹工芸で使う漆について。
専門的になります、あしからず。


漆は種類も多く、名称も産地や業者ごとに異なりますが、ここは金沢方式で記します。

私は漆を
金沢の『高野漆工』から購入しています。
電話 076-221-0190

他に、福井の『箕輪漆工』
http://urushiya.ocnk.net/
東京と会津を拠点とする『藤井漆工』
http://j-fujii.com/

もあります。
好みのところから購入するといいでしょう。
もちろん京都にも良いお店があると思いますが、詳しくないので記していません。


使用する漆は
・生漆ーー塗り重ねる場合の下地用、または安い籠用
・朱合呂色漆ーー艶を消して上品に仕上げる(生漆を精製した漆)
・朱合漆ーー艶を出して仕上げる(朱合呂色漆に荏油や蜂蜜を入れて艶が出るようにしている)
・梨子地漆ーー色を薄く仕上げる、透明度が高い(蒔絵用漆)

の4つ。
生漆でも種類がいろいろあるみたいで、箕輪の極上生漆で仕上げる人もいます。
私は高野の生漆を使用していますが,下地用なのであまり仕上がりはよくありません。

主に使うのは朱合呂色。
100g 約3千円。
50gから購入できるので,はじめは少量で試してみるといいでしょう。
大分県立竹工芸訓練センターで習うのも、この漆です。
一番籠に合う漆だと思います。

染色せずに、表皮を磨いただけの籠に漆を塗る場合,ムラが出て非常に見苦しいので、一度「カシューのクリアー」(透明のウレタンでも可)で薄く塗ってその上から塗るとよい。
この時使用する漆は、精製度が高く、色が薄い梨子地漆がよい。


溶剤は
・純ガムテレピン油(ガムテレピン油、松精油)ーー松を蒸留した油、漆に艶が出やすい 
・ガムテレピン油(Sテレピン油)ーー石油系、揮発が速い
・樟脳油(片脳油)ーークスノキを蒸留した油、やや乾きが遅くなる

灯油で溶かす人もいますが,やめておいたほうがいいです。
また、業界でテレピンといいますが、それは石油系のSテレピン油のことを指しています。
ガムテレピンと書いてあっても、どちらか分からないので購入の際は確認すること。
臭えばすぐにわかりますよ。

価格は純ガムテレピン油が、500gで約1,000円。
Sテレピン油はその半値です。
漆を薄めるときと、刷毛を洗うのに使う溶剤を使い分けてもいいと思います。

竹で使用するのにもいろいろ悩むのですから、本職の人は相当漆を使い分けているんでしょうね。
のぞいてみたいような、のぞかないほうがいいような。


参考までに
朱合呂色(金沢)=研出朱合(京都)=生地呂漆(信州)=素黒目(津軽)
朱合漆=花塗朱合=塗立朱合

と地域によって名称が変化します。
詳しい名称は下のHPで確認できます。
http://urushi.client.jp/urushi/chiikibetsu.html


漆の仕上げ方は、また明日。

# by first-nakatomi | 2010-03-02 22:48 | open process

編み・組みの手技展

今日の日曜美術館で紹介されていましたが、
東京駒場の日本民芸館で「編み・組みの手技展」が開催中。
鷹の餌籠も展示されています。
a0103666_22175263.jpg

ちなみに、倉敷民芸館は世界有数の籠コレクションがあります。
籠好きな人にはお勧めです。
# by first-nakatomi | 2010-02-28 23:22 | information

パワースポット

有馬さんの勧めで、大分市の柞原八幡宮を訪問。
大分に10年住んでいて、初めて参拝しましたが、パワースポットですね。
山奥にあり、重要文化財が6点もある神社とは思えない閑散さ。
ほとんど人が来ませんのでお勧めです。

a0103666_22381187.jpg

a0103666_2238478.jpg

a0103666_22392253.jpg

a0103666_22395881.jpg

心が清められました。
身近にいいところが、あるんですね。

由布市には由布川渓谷、黒岳原生林、大杵社とパワースポットが溢れています。
自分の家がパワースポットみたいなもんなので,行ったことないんですが。

大分のパワースポットガイドはこちらから。
http://hifumi.sakura.ne.jp/powerspot_ooita.html
# by first-nakatomi | 2010-02-28 22:52 | daily life

巨木

大分市の柞原(ゆすはら)八幡宮に立ち寄りました。
樹齢3千年のクスノキに見とれました。

a0103666_23402031.jpg

a0103666_23352187.jpg

a0103666_23361175.jpg

a0103666_23381129.jpg

すごい生命力です。
# by first-nakatomi | 2010-02-27 23:41 | daily life

木工房 訪問

西大分で、杉の彫刻を作っている、有馬晋平さんの工房を訪問。

a0103666_2224289.jpg

工房全景。
別府湾が見えるのに、家賃一万円。
大分市内でも、探せばあるんですね。


a0103666_2231955.jpg

a0103666_2235764.jpg

「杉玉」という彫刻。
日本中の杉を使って制作しています。
チェーンソーであら取りし、鉋で整え、ペーパーで仕上げています。

杉は日本の固有種だ、という話を聞いて驚きました。
中国や北米にも杉に似た木があるけれども(セコイア)、違う種です。
身近にあるので、世界中にあると思っていました。

wikipediaで調べると本当でした。
「欧米言語では、しばしば Cedar類をスギと訳します。また和名にもレバノンスギ、ヒマラヤスギといったようにスギの名が当てられています。しかし、Cedar類はスギのようにまっすぐ成長するもののマツ科であり、スギとは縁が遠い。中央アジアや西アジア、ヨーロッパなどにはそもそもスギは分布しない。」


a0103666_2243194.jpg

木材を扱うので、温湿度計は必須アイテム。
5月の梅雨前は、温度も高く、湿度も低いので、木がパキパキ音を立てて割れているそうです。
そういえば竹も、湿度が低い時期に割れますね。

a0103666_2251928.jpg

ボール盤にフレキシブルシャフトをつなげて、スポンジサンダーにしています。
換気扇も。

木工の人は、ものすごい機械設備があるとイメージしていましたが,意外と竹細工と似たような家内制手工業のスタイルでした。
移動性を重視して、あまり設備を持たないようにしているということでした。
設備にお金をかけないで、工夫するという考え方にとても共感。

竹(繁殖力の強さ)と杉(土壌の崩壊、スギ花粉)は、邪魔者扱いされていますが、邪魔者同士がんばりましょうね。
# by first-nakatomi | 2010-02-26 22:00 | daily life

籠師展

a0103666_2155042.jpg

昨年、ハンブルグ美術工芸博物館で開かれた「籠師展」の図録が手に入りましたので、ご紹介します。
初代館長のブリンクマン(1843−1915)が江戸末期から明治初期の日本の籠を収集し、その収集品の展覧会です。
日本においてもマニアックな展覧会が、ドイツで開かれていることに驚きます。
http://hamburg.germanblogs.de/archive/2009/08/18/kagoshi-hamburg-korbflechten-im-museum-fur-kunst-und-gewerbe.htm

ちなみに、「籠師」とは関西地方を中心として、江戸末期〜戦前まで活躍した高級竹籠を作る人たちのこと。
代表的な人物として、初代早川尚古斎、初代和田和一斎、初代田辺竹雲斎など。

ヨーロッパでの、日本の竹籠のコレクションは、
英国のビクトリア・アルバート博物館が、兵庫県有馬の籠を中心に所蔵。
スイス人のハンス・シュペッリーのコレクションは無名の約2000点の竹籠を所蔵。

アメリカでは
サンフランシスコアジア美術館のコッツェンコレクションが有名ですが、
プリンストン大学付属美術館美術館にもコッツェンコレクションの一部が寄贈されています。
メトロポリタン美術館にもティファニーのシルバー部門統括ディレクターでデザイナーの、エドワード・ムアーが1891年に寄贈した花籠80点があります。

アメリカは他にも美術館や個人の竹工芸コレクションが存在しており、現在では一番竹工芸に理解のある国といえるでしょう。


それでは、籠師展の図録の中をご紹介します。
a0103666_21364382.jpg

a0103666_21372146.jpg

a0103666_21375356.jpg

一番下は竹籠の模写です。
当時は写真技術がなかったため、集めた作品を精密に模写しています。
作品の質感まで忠実に描かれており、驚きます。


a0103666_21382465.jpg

a0103666_213939.jpg

銘の研究までされています。
竹籠の研究は外国のほうが進んでいるのかも。

どうしてハンブルグ美術工芸博物館が、日本の竹籠を収集したのか?
理由は、ドイツの籠職人の手本とするため。
昔から日本の編組技術は高いレベルにあったようです。
実際、素材に柳を使い、日本の竹籠を精巧に写したものが展示されていたそうです。

19世紀後半の国際博覧会には、日本の工芸品がたくさん出品されていました。
当時、工芸品は国の重要な輸出品として位置づけられていたんですね。
それらの籠が、巡り巡ってハンブルグにあるというのも面白いです。
# by first-nakatomi | 2010-02-25 21:56 | information