国際北陸工芸サミット

富山県立美術館で行われている国際北陸工芸サミット「ワールド工芸100選」展に、うちの工房から独立しました「谷口倫都」と「池将也」が竹の作品を出品しています。
谷口倫都「U-50 国際北陸工芸アワード」入選作家部門
池将也「国際北陸工芸サミット」選考委員キュレーション作家部門

もし富山に行くことがある人は、お立ち寄り下さい。

20171116 201818


# by first-nakatomi | 2017-11-24 11:16 | information

3Dプリンター

仕事で「しんけん大分学検定大分県知事賞」のトロフィーを制作しましたが、文字を彫るのに友人の3Dプリンターで彫ってもらいました。
最新のテクノロジーの有能さに驚きます。
a0103666_10271423.jpg















きれいに文字をたくさん彫るのは3Dプリンターですね。
何か作品で一緒にできそうな気がします。
a0103666_10271338.jpg















お願いしたのは、竹田在住の「へそラボ」さん。
ちなみに、トロフィーはこちらです。
a0103666_10391087.jpg


























a0103666_10391368.jpg


# by first-nakatomi | 2017-11-24 10:42 | open process

大分の竹芸展

既に終わってしまいましたが、展覧会のご報告まで。

「大分の竹芸 50年の歩みと今後の展望」
別府市竹細工伝統産業会館
2017年10月24日〜11月19日

生野祥雲斎が竹工芸で初めて人間国宝に認定されて、50年の節目の年ということで、物故作家から若手作家までの作品を紹介する展覧会でした。
a0103666_10144206.jpg















物故者の作品展示室
技術的には昔のほうが格段に上のような気がしますが、全体的に少し地味ですね。
a0103666_10144392.jpg


























a0103666_10144326.jpg















a0103666_10144341.jpg















「アジア竹サミット・大分 2017」との連動企画で、台湾の竹芸を紹介するコーナーも設けました。
a0103666_10144357.jpg





# by first-nakatomi | 2017-11-23 10:14 | information

第二子誕生

11月14日晩に第二子(男児)が生まれました。
母子ともに元気にしています。
a0103666_13495221.jpg
# by first-nakatomi | 2017-11-14 19:52 | daily life

工芸のシンポジウム in 金沢

工芸の新しい方向性を指し示すシンポジウムが、金沢で開かれます。
「グローバリゼーションと工芸」
日本の工芸を扱うギャラリーや美術館が、世界中に拡大している背景を深く考えられそうです。


東京にある東京国立近代美術館工芸館が、金沢に移転するという新聞記事もありましたが、金沢の勢いを感じます。
金沢21世紀美術館元館長の秋元雄史さんという先導者がいること、地域の団結力が優れていること、伝統工芸の裾野が広いことが金沢の強みですね。
伝統はお金では買えないので、これから増々存在意義が高まると思います。

# by first-nakatomi | 2017-10-10 21:07 | information