SP ARTE

2017年 4月6〜9日

ブラジルサンパウロでのアートフェア『SP-Arte』内で開催されている特別展「Japan House」に作品を出展中。
本展は外務省が主催し、現代日本のアーティスト15名の作品で構成されています。
草間彌生さん、杉本博司さん、山口晃さん、名和晃平さんらと共に選出されました。
とても光栄です。
http://www.sp-arte.com/en/home/


ミズマアートギャラリーさんのfacebook (3/31)に展覧会の情報が詳しく載っていました。
https://www.facebook.com/Mizuma-Art-Gallery-139691719391717/


# by first-nakatomi | 2017-04-07 14:15 | information

Contemporary International Bamboo Art & Craft Exhibition

台湾・台北で竹工芸の展覧会が行われています。

『竹跡 當代国際竹藝展』
『BAMBOO TRACES Contemporary International Art & Craft Exhibition』

2017年3月29日〜7月16日
国立台灣工藝研究発展中心 臺北當代工藝設計分館 4F

私も数点出品しています。
3月29日に見にゆきましたが、台湾のデザインのレベルの高さに驚きます。
日本の竹の人は、もっと手仕事感のある方を好むので、デザイン分野はどちらかと言えば苦手ですね。
国によって随分違うもんだなあと感じました。

会場風景。
黒い仕切りの格子は竹。
a0103666_00514573.jpg















a0103666_00522255.jpg















これはフランスのデザイナーの作品です。
粋な作品でした。
a0103666_00525119.jpg



# by first-nakatomi | 2017-04-04 20:35 | information

制作の風景 花火2

とあるホテルに設置される作品ですが、作品完成。
花火というよりは水面の波紋という感じですね。
a0103666_22121451.jpg


























こういう作品は繊細なので、発送するのが大変。
木枠で完全に固定し、厳重に梱包して送ります。
もちろん設置業者の方も大変です。
a0103666_22142195.jpg


























ひっくり返すと花火のようにも見えます。
a0103666_22121571.jpg


























横向きにしても良いですね。
いろいろ応用範囲の広い作品形態です。
a0103666_22121469.jpg




# by first-nakatomi | 2017-03-06 22:22 | works

制作の風景 Prism Circle

寝かせている(製作途中の)作品が多いのですが、これもその1つ。
いくつかの装飾する案があるのですが、もうしばらく眺めています。
a0103666_22445355.jpg
a0103666_22455381.jpg

# by first-nakatomi | 2017-02-22 21:43 | open process

制作の風景 花火

製作途中の風景ですが、なんだか花火に見えて仕方がありません。
輪弧編み(別名 阿弥陀光編み)。

外側に縁がないということは、編みの流れが失われませんが、その分外縁の処理に気を使います。
裏側の交点には、木工用ボンドを刷毛で塗り、編みを固めています。
壁面に貼り付け設置予定。
a0103666_22384725.jpg
# by first-nakatomi | 2017-02-19 21:37 | open process

竹の油抜き釜の製作 その2

陶芸家の友人の指導のもと、耐火レンガで土台を作る予定。
a0103666_1774876.jpg

別の友人から、薪にする木をいただきました。
a0103666_1781181.jpg

持つべきものは友と、しみじみ感じる今日此の頃です。
# by first-nakatomi | 2017-02-12 21:07 | open process

竹の油抜き釜の製作 その1

今年から竹田在住の竹工芸仲間で、竹の油抜きもすることにしました。

彫刻家の友人の紹介で、鉄工所に釜を安く製作してもらいました。
内径40 x 40 x 200 cm
a0103666_16592060.jpg

水抜き栓も。
a0103666_16593889.jpg

竹の油を抜くために製竹業者は苛性ソーダを使用しますが、扱いやすいソーダ灰で油抜きをする予定です。
a0103666_1702692.jpg

# by first-nakatomi | 2017-02-10 21:58 | open process