茶杓

個展の際に依頼があり、久しぶりに茶杓を作りました。
毎年、別府の竹の学校で茶杓と共筒を作る講義を行いますが、自分がきちんと茶杓を作るのは5年ぶりです。
何度作っても難しいものですね。
小さな竹の欠片の中に、大きな世界を感じられることが最善です。
そのような景色の良い竹に出会えるのは非常に稀。
この10年で数本、10本まではないかもしれません。

黒竹茶杓 銘「星空」
a0103666_22561167.jpg

















白竹茶杓 銘「岩戸」
a0103666_22561654.jpg

# by first-nakatomi | 2018-12-07 21:55 | works

高松個展 無事終了

香川高松 桜製作所桜ショップでの個展を無事に終えました。
遠くからも沢山の方が来場頂いてありがとうございました。

10年ほど前に今は亡き永見眞一会長からお声掛けいただいたのが、桜製作所さんとのお付き合いの始まりでした。
中田英寿さんのRevalue Nippon Project や三越銀座Japan Editionなど、様々なところでご一緒する機会があり、ご縁のある会社だなと感じています。
広告宣伝はしない控えめな会社ですが、何世代にも渡って使い続けられる家具は、本当に心地よく、世界中の方に愛されています。
また5年後か10年後に、この場所で新しい作品をご覧いただけるように精進したいと思います。

a0103666_04444669.jpga0103666_04445642.jpga0103666_04445974.jpga0103666_04450515.jpga0103666_04451256.jpga0103666_04502913.jpga0103666_04451532.jpga0103666_04452076.jpga0103666_04452598.jpga0103666_04445044.jpg



# by first-nakatomi | 2018-12-06 04:51 | information

gallery 27 in KYOTO

『THE LANGUAGE OF BAMBOO たけがたり 現代竹工芸展』
at gallery 27 in KYOTO

2018年11月24日〜12月30日
金(予約制)土・日のみ営業。

香港のアートディレクター・グラフィックデザイナーのアランチャンさんの京都にあるギャラリーで竹工芸の展覧会のお知らせです。

私もお付き合いしている鐘ヶ江美術さんを通して作品一点を出品しています。

a0103666_04054565.jpeg






















a0103666_04061455.jpeg



# by first-nakatomi | 2018-11-23 04:09 | information

竹藝の評論

月刊誌『美術の窓』で美術評論家の武田厚さんが2018年4月から毎月連載されている「Bamboo Work 竹の現在」
12月号にご紹介頂きました。
竹工芸の評論をしてくれる方はほとんどいないので、とっても貴重な機会です。
いつか一冊の本になると良いのですが。
a0103666_16023080.jpg

# by first-nakatomi | 2018-11-19 16:18 | information

カボス

個展の合間を縫って、庭のカボスも収穫。
今どきは完熟カボス。
9月頃の香りの高いカボスも良いのですが、初冬の完熟カボスも市場にはあまり出回らないですが美味しいです。

少し黄色みを帯びて、たわわに実っています。
下草刈りだけで、特に世話を焼いていないのですが、今年は豊作でした。
a0103666_00005269.jpg

# by first-nakatomi | 2018-11-11 21:57 | daily life