Metropolitan Museum

NYのメトロポリタン美術館で、日本の竹工芸の展覧会が開かれています。
日本の竹工芸もアートとして正式に受け入れられたのだと感じます。
偉大な先人たちのおかげですね。
その末席に加われるように精進したいと思います。

『Japanese Bamboo Art : The Abbey Collection』展


展覧会場の写真ですが、九州(大分だけですが)の竹工芸が紹介されました。
生野祥雲斎・生野徳三先生に始まり、師匠の本田聖流先生の作品も展示されています。
大分県竹工芸訓練センターの紹介文もあり、世界的な美術館で県立の職業訓練校が紹介されることに、人材育成の面で、この学校が果たしてきた役割の大きさが伺えます。
日本の竹藝家の多くの人たちが、この学校の修了生です。
a0103666_00064409.jpg










by first-nakatomi | 2017-07-12 21:56 | information
<< 侘び寂び 8祝ぐ、双円 >>