中国美術学院 國美民藝博物館 2

展覧会は三部構成。

1部は昔の竹作品展示
2部は現代の竹作品展示
3部は竹建築の紹介

盛りだくさんでまとまりがない展覧会でしたが、スケールの大きさは中国だなと感じさせられました。

入口から竹林。
日本の美術館は規制が多いので、ここまで大胆に竹を使うことはできません。
a0103666_22562472.jpg















若い竹作家がいて驚きました。
杭州からほど近い竹工芸の産地「安吉」からきたそうです。
こういう人達がいるのなら、一度訪れてみたいと思います。
a0103666_22571466.jpg


























この竹の使い方もすごいですね。
かなり広く敷き詰められた割竹。
a0103666_23024048.jpg


























子供用の椅子。
丸竹の加工技術は素晴らしいですね。
a0103666_23305081.jpg


























ザ・中国な提籃です。
いい仕事をしていますね。
古い中国の籠は、シカゴのフィールドミュージアムにもたくさんコレクションされています。
a0103666_23302278.jpg


























磨き仕上げで無塗装の提籃。
説明がないので多分中国のものだと思いますが、丁寧な仕事で驚きました。
磨き仕上げで良しとする感覚は日本的だと思っていましたので、
中国でもこの感覚があるのだとしたらなかなか手強いですね。
赤木明登さんや三谷龍二さんなどの書籍も翻訳されていますから、若い人の感覚は相通ずるのでしょう。
a0103666_23315126.jpg















a0103666_23351455.jpg

by first-nakatomi | 2018-04-22 21:39 | information
<< 中国美術学院 國美民藝博物館 3 中国美術学院 國美民藝博物館 1 >>