カテゴリ:open process( 256 )

ピンセット

毛羽や埃を取るときに使うのが、HOZAN P-894。
このピンセットが一番使いやすいです。
3種類のピンセットを持っていますが、用途によって使い分けています。
ときにはピンセットで結んだり、編んだりもします。
a0103666_23322029.jpg

by first-nakatomi | 2018-09-13 21:35 | open process

プロセスの美

竹工芸の作る工程には、美しさが散見されます。
ひご(編む材料)取りのカスでさえも美しいと感じます。
編みの工程もまた然り。
ここをゆっくり見られるのは、作る人の特権とさえ思います。
a0103666_23254902.jpg















a0103666_23255687.jpg

by first-nakatomi | 2018-09-09 21:24 | open process

たけぽぽ 箱

秋の個展のために制作した作品「たけぽぽ」の包装をどうするか頭を悩ませましたが、結局いつものように桐箱にしました。
頭部分は繊細なので、触れずに梱包できる形状に。
a0103666_23165000.jpg
a0103666_23165309.jpg






























by first-nakatomi | 2018-08-22 21:16 | open process

漆塗り道具

使用する漆塗りの道具も少しずつ変えていますが、最近は専ら歯ブラシ。
a0103666_23562482.jpg















100円ショップのものでOKですが、先が柔らかいものがムラ無く塗れます。
塗るというよりも漆を少し付けて、ひたすらブラッシングすると言ったほうが正確。
業務用ドライヤーで首を曲げたものを用意しておくと万全。

もう一つは刷毛。
Handy Crown の round(丸筆/平筆) 2号が愛用筆。
含みも良くて、しばらくは先割れしないので重宝でしています。

作品に塗るときに、昔は漆刷毛や布を使用していましたが、漆刷毛は含みが良すぎて塗り過ぎる。
布は埃や毛羽がつくのでほとんど使用していません。

ただ、筒(おとし)を漆の原液で塗るときは漆刷毛を使用しています。
漆刷毛の良いところは腰が強い点で、塗りが均一になります。

by first-nakatomi | 2018-08-14 21:55 | open process

うねる完成

「うねる」完成しました。

黒味が少しほしいと思い、朱合呂色漆3に対して、黒呂色漆1の比率で混ぜました。
サイズが大きいのと、持ち手がなくなるので、2,5倍希釈で3回に分けて漆塗り。
季節柄漆の乾くスピードが早いので、冷房をかけて塗りました。

1回目は内側全部と外側半分
2回目は内側の塗り残しと外側残り半分
3回目は塗り残し部分を中心に

a0103666_22560151.jpg
















しばらくすると漆は透けてきますので、最終的にはもう少し黒味が薄れます。
a0103666_22560072.jpg

by first-nakatomi | 2018-06-28 21:55 | open process

うねる

しばらく制作していなかった「うねる」シリーズを再開。
流れを壊さずに編み固めることや、止め時の判断も非常に難しいです。

漆塗りの前段階
複雑な編みに漆塗りをする場合は、3倍希釈ぐらいで数回に分けて塗り重ねることが肝要です。

2点ともおおよそ size w50 x d40 x h40 cm
a0103666_22395176.jpg















a0103666_22395130.jpg

by first-nakatomi | 2018-06-23 21:34 | open process

Frill

Frillシリーズも10作目。
これまでで一番長い5メートルで制作しています。
大きいと染色、漆塗りの工程が大変そうです。
a0103666_23124938.jpg
































接触部をプラスチックバンドで仮止め。
a0103666_23124919.jpg


by first-nakatomi | 2018-06-13 21:32 | open process

中国の竹の道具

中国の展覧会で展示されていた竹の道具。
ほとんどこれだけで、制作されているようでした。
これは熟練しないと難しいでしょうね。

幅取り刃物、竹割包丁(表皮の磨き包丁も兼用)
a0103666_22535303.jpg















面取りの刃物
a0103666_22535385.jpg

by first-nakatomi | 2018-05-22 21:53 | open process

漣橋8

2002年に「漣橋」シリーズを始めてから、今回で8番目。
一番初めは師匠である本田聖流先生と相談しながら制作しました。
師匠の工房でアドバイスを受けた日々が懐かしく感じられます。

漆塗りの前段階ですが、ようやく形ができあがりました。
幅99cmと今までで一番大きくなりました。
a0103666_06395534.jpg















行きつ戻りつの縁かがり。
特別難しいことはないのですが、呼吸を整えて進めないと締め具合が変わります。
a0103666_06394826.jpg


by first-nakatomi | 2018-04-04 06:43 | open process

Frill 03

昨年から継続的に制作しているFrillシリーズ。

編みの長さを3,6Mにして、ボリュームを出しています。
改良点は中央部の編みをこれまでよりも、少し短めにして軽やかさを増し、縁の仕上げも改善。

染色、漆仕上げの前段階。
a0103666_10304450.jpg
by first-nakatomi | 2018-03-03 21:39 | open process