カテゴリ:information( 248 )

新 HP

久しぶりにホームページを新しくしました。
こちらには代表的な作品のみを掲載しています。
より多くの作品は、インスタグラムをご覧下さい。

My homepage has been redesigned after a long time.
I publish my representative works on it.
Please visit my Instagram if you’d like to look at more works.

随分飾り気のないホームページですが、時代に合わせてスマートフォンでも見やすくしています。
作品を何か一つ選んだ状態でスワイプ操作すると、順送りが可能です。
また、ダブルタップ、ピンチイン/ピンチアウトで画像の拡大縮小が可能です。
もちろん自分で制作したわけではなく、従兄弟に制作してもらっています。
プログラミング言語で一から作っていますので、至らない所はご容赦下さい。

by first-nakatomi | 2018-10-11 22:03 | information

古美術 鐘ヶ江 新装開店特別展

「古美術鐘ヶ江」新装開店特別展に作品を出品します。

2018年10月5日~11月4日

古美術 鐘ヶ江

http://japanese-sculpture.com/information/2018/…/post-2.html
     
<木彫>大竹 亮峯、加藤 巍山、前原 冬樹、松本 涼
<金工>鈴木 祥太、壽堂、満田 晴穂
<竹芸>生野 徳三、田辺 竹雲斎、中臣 一
<鉄工>本郷 真也
<漆芸>彦十蒔絵 

出品者から見ると日本の工藝の多様性を示す展示会になると思います。

自分よりも若い世代の作家がいるので、とても刺激を受けます。


a0103666_22015205.jpg













by first-nakatomi | 2018-09-30 22:04 | information

個展のご挨拶

個展DM 挨拶文


竹工芸の地平を少しでも拡げたいと思いながら仕事をしてきました。

構造、形態、表層、仕事の範囲、、、。

40歳を過ぎた頃からようやく竹の自由さに心が寄り添えるようになりました。

竹らしくない、けれども竹でしかありえない。

そういう自分の仕事を見ていただくために、5年ぶりの個展を開くことにしました。

ジョージナカシマの家具の重厚感と、竹の軽やかさの対比もお楽しみ下さい。


希望能為竹工藝開拓出新境界而持糹賣努力於構造、型態、表層等工作的領域

約過40歳後才漸漸體會出將竹的自由度心與相隨

竹不似竹、郤只有竹才能表現出來(竹非竹、非竹也)

也藉由每五年開一次個展的機會、希望各界領域的人士能體會我工作上的領悟

透過George Nakashima亻倶的厚重感與竹的輕盈對比、能悠遊在此空間中


Expanding the horizon of bamboo art has been my central theme. In order to achieve the goal, I always pay utmost attention to structures, forms and surfaces of my work. I finally came to understand the unbounded potential that bamboo can form when I was forty. I have been trying to shape something that doesn't look like bamboo but must be bamboo since then.

I decided to hold my private exhibition for the first time in five years. I would like you to take a look at my recent work at the Sakura Shop in Ginza Tokyo and Takamatsu. Natural yet chic George Nakashima's furniture will surely make an interesting contrast with my work.


by first-nakatomi | 2018-09-29 22:26 | information

個展のお知らせ

5年ぶりに個展を開くことになりました。
子供が二人もできて変化のある5年でしたが、作品にも反映されている気がします。
ギャラリーではなく家具のショールームですので、お気軽にお越し下さい。
2店とも初日から3日間は会場におります。

桜ショップ銀座店
2018年10月19日(金)〜28日(日)
作家在廊日10月19、20、21日
11:00 ~ 18:30
レセプション 10月19日 18:00 ~ 19:30

桜ショップ高松店
2018年11月23日(金)〜29日(木)
作家在廊日11月23、24、25日
10:00 ~ 18:00


a0103666_21272843.jpg












a0103666_21292818.jpg










a0103666_21291979.jpg
a0103666_21294347.jpg

by first-nakatomi | 2018-09-29 21:36 | information

pen international

雑誌penの国際版web(English/French)に掲載されました。




by first-nakatomi | 2018-07-29 14:28 | information

群馬 別邸仙寿庵 七夕室礼

群馬県谷川温泉にある、別邸仙寿庵での室礼展示に作品を出品。
室礼三千を主宰されている山本三千子先生からの依頼でしたが、どういう室礼になるのか楽しみです。

2018年6月30日〜7月7日
谷川温泉 別邸仙寿庵
七夕室礼「森羅万象ー結」

出品作品は以下の3点です。
「うねる」
a0103666_22560151.jpg
















「Frill 04」
a0103666_23173614.jpg















「Frill 05」
a0103666_23171861.jpg

by first-nakatomi | 2018-06-28 22:06 | information

SNS

SNS(social networking service)も色々ありますが、遅ればせながらInstagramを始めましたので、アカウントをお知らせします。

Instagram account
hajime_nakatomi

facebook account
中臣 一(Hajime Nakatomi)


SNSはアプリをインストールしている方でないと見られないので、閉鎖的なところもあるのですが、時代の流れに合わせて少しずつ使い始めています。
2006年にblogを始めたときには考えられないくらい、人が情報共有する方法の変化が早いです。
便利ですが、本質を見失わないようにしたいと思います。

私の使い分けですが、
HP : 自分の仕事の看板
blog : 作品制作、日々の出来事など基本的に全部
facebook : お知らせ、作品情報、有益な情報のシェア
Instagram : 作品情報掲載

SNSもそれぞれの特徴があるのですが、facebookは押し付けがましいところがあるので、ホドホドにしていますが、展示会の知らせや竹作品のプロモーション情報のシェアに使用しています。
拡散性が強く、世界中の人と友達になれるのは魅力です。
Instagramは写真が主なので、作品を一覧できるプロファイルとして。
blogは昔から使っているので、なんとなく親しみがあります。

by first-nakatomi | 2018-05-20 20:55 | information

中国シルク美術館

杭州には幾つもの美術館がありましたが、
ホテルに近いシルク美術館を訪問。

副葬品として出土した古代のものもあり、見ごたえは十分にありました。
人が少ないので、おすすめです。

ゆっくり観ていると、いつのまにか正倉院展を観ている気分になります。
中国でもこのような精巧な絹織物はもう作れなくなっているようです。
今はもう機械化されていますが、手仕事で丁寧に作られたものには味わいがあり、明らかなオーラの違いを感じました。
とても時間のかかる仕事なので、皇帝の庇護がないと、なかなか難しい仕事ですね。
日本の明治期の工芸家は、庇護者が居なくなってもよく伝承してくれたなあと思います。
a0103666_08485336.jpg















a0103666_08485320.jpg















a0103666_08485341.jpg


























a0103666_08485354.jpg















清朝皇帝の服。
a0103666_08485321.jpg


by first-nakatomi | 2018-05-18 09:09 | information

中国美術学院 設計博物館(Design Museum)

中国美術学院にはいくつかの美術館がありましたが、
新しく開館したDesign Museum。
バウハウスを基本としながらも、近代デザインを網羅しています。

空間が広々としていて、とても気持ちのよい美術館です。
a0103666_08363571.jpg














a0103666_08363504.jpg



























a0103666_08363597.jpg


























a0103666_08363552.jpg


























竹の椅子もありました。
a0103666_08363536.jpg


by first-nakatomi | 2018-05-15 08:33 | information

中国美術学院 國美民藝博物館 4

自分の作品展示風景と、台湾の范承宗さんの作品の展示風景。
范承宗さんは、私の国立台湾工芸研究発展センターでの講義の受講生でした。
若いですが、精力的に活躍されていて、竹藝界の有望株です。

展示会場が広いでの、作品ものびのびとしている気がしました。
伝統的手法の作品3点と、現代的手法の作品3点の計6点出品。
a0103666_00533347.jpg















影が綺麗にでていました。
a0103666_00541124.jpg























こちらは現代的な手法の作品3点。
a0103666_00533252.jpg
















a0103666_00533206.jpg


























范承宗さんの作品。
竹の内身をくり抜いただけのプロダクトですが、シンプルな潔さが心地よいです。
a0103666_00533292.jpg















代表的な作風は、竹を曲げたものを絡ませた、風を感じさせる作品です。
a0103666_00533260.jpg


by first-nakatomi | 2018-05-05 20:52 | information