<   2018年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

中国美術学院 國美民藝博物館 3

インドのデザイナー(Sandeep Sangaruさん)の家具も展示されていました。
あまり馴染みのないインドの竹工芸ですが、Sangaruさんに伺うと、かなりの人数の職人がいるそうです。

インドといえば、やっぱり象ですね。
a0103666_22042387.jpg
















ラグジュアリーな家具もあり、日本のホテルにも納めた実績があるそうです。
a0103666_22042352.jpg
















表面は表皮部分を磨き加工の上、塗装しています。
内側部分は赤や黒で塗装していますので、素材の粗さはありません。
a0103666_22042381.jpg


























a0103666_22042391.jpg


























a0103666_22042368.jpg


























中国美術学院Design Museumの展示会場にあったインドの竹の道具。
日本とは随分異なります。
a0103666_22042401.jpg

by first-nakatomi | 2018-04-28 21:59 | information

中国美術学院 國美民藝博物館 2

展覧会は三部構成。

1部は昔の竹作品展示
2部は現代の竹作品展示
3部は竹建築の紹介

盛りだくさんでまとまりがない展覧会でしたが、スケールの大きさは中国だなと感じさせられました。

入口から竹林。
日本の美術館は規制が多いので、ここまで大胆に竹を使うことはできません。
a0103666_22562472.jpg















若い竹作家がいて驚きました。
杭州からほど近い竹工芸の産地「安吉」からきたそうです。
こういう人達がいるのなら、一度訪れてみたいと思います。
a0103666_22571466.jpg


























この竹の使い方もすごいですね。
かなり広く敷き詰められた割竹。
a0103666_23024048.jpg


























子供用の椅子。
丸竹の加工技術は素晴らしいですね。
a0103666_23305081.jpg


























ザ・中国な提籃です。
いい仕事をしていますね。
古い中国の籠は、シカゴのフィールドミュージアムにもたくさんコレクションされています。
a0103666_23302278.jpg


























磨き仕上げで無塗装の提籃。
説明がないので多分中国のものだと思いますが、丁寧な仕事で驚きました。
磨き仕上げで良しとする感覚は日本的だと思っていましたので、
中国でもこの感覚があるのだとしたらなかなか手強いですね。
赤木明登さんや三谷龍二さんなどの書籍も翻訳されていますから、若い人の感覚は相通ずるのでしょう。
a0103666_23315126.jpg















a0103666_23351455.jpg

by first-nakatomi | 2018-04-22 21:39 | information

中国美術学院 國美民藝博物館 1

中国美術学院 國美民藝博物館(Crafts Museum, China Academy of Art)の竹の展覧会レポート

「東方竹 : 亜洲竹生活藝術展
The Oriental Bamboo : Art of living exhibition on Asia bamboo」

中国のアート系ウェブサイトでも詳細レポートがあります。
スタジオ・ジブリ高畑勲監督死去のことも特集されていました。

建物が隈研吾設計で、とても大きな美術館でした。
Japan House, Sao Pauloといい、至る所に隈さんの建物がありますね。
ちなみに私が住む竹田市にできる、歴史資料館とコミュニティーセンターも隈さん設計です。
a0103666_23133020.jpg















竹の梯子が粋ですね。
a0103666_23133084.jpg


























ファサード。
中国の瓦が浮いているように固定されています。
a0103666_23133070.jpg















a0103666_23133077.jpg















屋上より。
大都会ですね。
a0103666_23133099.jpg



by first-nakatomi | 2018-04-13 21:57 | information

漣橋8 完成

ご注文を受けて年明けから制作していた「漣橋8」がようやく完成。
size W99 x D24 x H27 cm
漣橋シリーズで一番大きな作品になりました。

処女作というのは自分の作風を決定づけるものだと思いますが、こうして制作を続けられることができて幸せです。
今回は2004年作の「漣橋Ⅱ」を基礎にしていますが、仕上がりは随分良くなったと思います。
a0103666_22072404.jpg















作品にメリハリを付けるため、縁・足・底力竹は原液の漆を2回刷毛塗りしています。
染色→生漆→朱合呂色漆。
さらに希釈した朱合呂色漆を作品全体に数回。
竹工芸では基本的に希釈した漆を薄く数回塗り重ねますが、理由は漆が濃いと編み目に漆が溜まり見苦しくなるからです。
また、竹の素材感が失われることを嫌う理由もあります。
濃い漆を何度も塗り重ねる籃胎漆器と異なる思想です。
今回は一部の部材に、わざと原液の漆を塗ることで作品に締まりを持たせています。

さらに作品の外側は薄めの朱合呂色漆を2回、内側は濃い目の朱合呂色漆を2回施しています。
ここは希釈した漆です。
最近は刷毛や布を使うことはほとんど無く、もっぱら毛先の細かい歯ブラシで漆を塗っています。
作品の縁・足・底力竹は濃茶色、内側は茶色、外側は薄茶色。
コントラストをつけることで作品に奥行きを出しています。
専門的になりすぎましたね。
a0103666_22072491.jpg















編み目からの光がとても美しいです。
実物はもっと良いのですが、撮影の腕がないのが残念です。
a0103666_22072363.jpg















完璧な作品は1つもなく、今回も新しい課題が見えてきました。
次回制作する機会があれば、課題を克服したいと思います。

by first-nakatomi | 2018-04-13 20:06 | works

中国杭州

中国美術学院(美術大学)國美民藝博物館での展覧会のために出張。
大学時代に2度中国を訪れたことがありますが、随分様変わりしています。

杭州空港はのんびりしていて、昔の中国のを思い出しますが、
街中は高層ビル群です。
江南地方は気候が日本と近いので、過ごしやすく感じます。
ちなみに杭州(南宋時代の臨安)は中国八大古都の1つです。
a0103666_06395902.jpg

by first-nakatomi | 2018-04-07 06:58 | daily life

漣橋8

2002年に「漣橋」シリーズを始めてから、今回で8番目。
一番初めは師匠である本田聖流先生と相談しながら制作しました。
師匠の工房でアドバイスを受けた日々が懐かしく感じられます。

漆塗りの前段階ですが、ようやく形ができあがりました。
幅99cmと今までで一番大きくなりました。
a0103666_06395534.jpg















行きつ戻りつの縁かがり。
特別難しいことはないのですが、呼吸を整えて進めないと締め具合が変わります。
a0103666_06394826.jpg


by first-nakatomi | 2018-04-04 06:43 | open process

工房の窓からの桜。
旧中学校校舎を借りての仕事場ですが、本当に贅沢な空間で仕事をしていると感じる時季です。
竹田総合学院に入居している作家の方たちとお花見。
平和なひとときです。
a0103666_06395215.jpg
by first-nakatomi | 2018-04-01 06:39 | daily life