<   2018年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

古美術 鐘ヶ江 新装開店特別展

「古美術鐘ヶ江」新装開店特別展に作品を出品します。

2018年10月5日~11月4日

古美術 鐘ヶ江

http://japanese-sculpture.com/information/2018/…/post-2.html
     
<木彫>大竹 亮峯、加藤 巍山、前原 冬樹、松本 涼
<金工>鈴木 祥太、壽堂、満田 晴穂
<竹芸>生野 徳三、田辺 竹雲斎、中臣 一
<鉄工>本郷 真也
<漆芸>彦十蒔絵 

出品者から見ると日本の工藝の多様性を示す展示会になると思います。

自分よりも若い世代の作家がいるので、とても刺激を受けます。


a0103666_22015205.jpg













by first-nakatomi | 2018-09-30 22:04 | information

個展のご挨拶

個展DM 挨拶文


竹工芸の地平を少しでも拡げたいと思いながら仕事をしてきました。

構造、形態、表層、仕事の範囲、、、。

40歳を過ぎた頃からようやく竹の自由さに心が寄り添えるようになりました。

竹らしくない、けれども竹でしかありえない。

そういう自分の仕事を見ていただくために、5年ぶりの個展を開くことにしました。

ジョージナカシマの家具の重厚感と、竹の軽やかさの対比もお楽しみ下さい。


希望能為竹工藝開拓出新境界而持糹賣努力於構造、型態、表層等工作的領域

約過40歳後才漸漸體會出將竹的自由度心與相隨

竹不似竹、郤只有竹才能表現出來(竹非竹、非竹也)

也藉由每五年開一次個展的機會、希望各界領域的人士能體會我工作上的領悟

透過George Nakashima亻倶的厚重感與竹的輕盈對比、能悠遊在此空間中


Expanding the horizon of bamboo art has been my central theme. In order to achieve the goal, I always pay utmost attention to structures, forms and surfaces of my work. I finally came to understand the unbounded potential that bamboo can form when I was forty. I have been trying to shape something that doesn't look like bamboo but must be bamboo since then.

I decided to hold my private exhibition for the first time in five years. I would like you to take a look at my recent work at the Sakura Shop in Ginza Tokyo and Takamatsu. Natural yet chic George Nakashima's furniture will surely make an interesting contrast with my work.


by first-nakatomi | 2018-09-29 22:26 | information

個展のお知らせ

5年ぶりに個展を開くことになりました。
子供が二人もできて変化のある5年でしたが、作品にも反映されている気がします。
ギャラリーではなく家具のショールームですので、お気軽にお越し下さい。
2店とも初日から3日間は会場におります。

桜ショップ銀座店
2018年10月19日(金)〜28日(日)
作家在廊日10月19、20、21日
11:00 ~ 18:30
レセプション 10月19日 18:00 ~ 19:30

桜ショップ高松店
2018年11月23日(金)〜29日(木)
作家在廊日11月23、24、25日
10:00 ~ 18:00


a0103666_21272843.jpg












a0103666_21292818.jpg










a0103666_21291979.jpg
a0103666_21294347.jpg

by first-nakatomi | 2018-09-29 21:36 | information

ピンセット

毛羽や埃を取るときに使うのが、HOZAN P-894。
このピンセットが一番使いやすいです。
3種類のピンセットを持っていますが、用途によって使い分けています。
ときにはピンセットで結んだり、編んだりもします。
a0103666_23322029.jpg

by first-nakatomi | 2018-09-13 21:35 | open process

プロセスの美

竹工芸の作る工程には、美しさが散見されます。
ひご(編む材料)取りのカスでさえも美しいと感じます。
編みの工程もまた然り。
ここをゆっくり見られるのは、作る人の特権とさえ思います。
a0103666_23254902.jpg















a0103666_23255687.jpg

by first-nakatomi | 2018-09-09 21:24 | open process